スポンサーリンク

【AEW】今後2ヶ月のうちに契約満了で退団するレスラーが複数現れると報じられる

ニュース

今日、本サイトでは2名のAEW所属レスラーに関する情報を紹介しました。ピーター・アヴァロンは契約満了で退団、リオ・ラッシュは2月にフリーエージェントになります。

【AEW】リオ・ラッシュが間もなくフリーエージェントになることを明かす
怪我が原因で一度は引退を宣言したものの、AEWと契約して現役を続行しているリオ・ラッシュ。 AEWでは若き天才ハイフライヤー、ダンテ・マーティンに絡んだアングルへ参加していたラッシュ。今日、彼は間もなくAEWと...
【AEW】ピーター・アヴァロンが契約満了で退団。旗揚げ興行の開催前から団体に所属
2019年に旗揚げしたAEWは5月に旗揚げ興行「Double or Nothing」を開催しました。その時点で団体と契約していた選手たちの多くは3年契約を結んでおり、2022年に契約満了を迎えることになります。 PWInsid...

2019年に旗揚げしたAEWは、当初からレスラーと3年契約を結ぶケースが多いようです。これは副社長たちも同じで、Codyは2021年末に契約を満了してフリーエージェントになり、ヤング・バックスは契約が切れる前に2年の契約延長に合意しました。ケニー・オメガだけは4年契約を結んでいるとされています。

【AEW】Codyが団体との契約を満了し、フリーエージェントになっていると報じられる
AEW創設者の1人で、団体副社長を務めるCody。 AEWは多くのレスラーと3年契約を結んでおり、Codyは2021年末で契約が満了することになっていました。社長のトニー・カーンは新たな契約を狙っていると報じられていましたが…...

2022年、AEWの古参組は契約満了のタイミングを迎えることになります。PWInsiderによれば、今後1〜2ヶ月間、契約満了後の再契約がないまま退団することになるレスラーが複数現れることがわかっているようです。AEWはレスラーの退団を公式に発表するつもりはないようで、契約は静かに終わりを迎えるとのこと。ただし、仮に契約満了になったとしても、それが両者の関係の終わりを意味するわけではないようです。

AEW Darkへの出番がメインになってしまっているレスラーや、待遇に不満を持っているレスラーたちは退団する可能性が高そうです。最後のAEWでの試合から3ヶ月が経ってしまったほどに出番がなくなってしまったブライアン・ケイジは、Instagramで「答えを探している」とコメントするなど、去就をはっきりさせていません。

2021年は多くの大物レスラーがAEWに入団し、Dynamite & Rampageへの出場枠争いが熾烈になりました。競争が激しさを増すことにより、契約を勝ち取れるレスラーの数も少なくなります。WWEだけではなく、AEWからも多くの退団者が出る一年になるかもしれません。

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】Dynamite放送局の親会社が、WWEによる「AEWのグロい自傷的な試合」への批判に腹を立てていると報じられる
現在、AEWのテレビ番組はワーナーメディア系の放送局で放送されています。世界的なメディア・コングロマリットと団体の関係は良好です。 インディシーンの遺伝子を強く受け継いでいるAEWでは、レスラーがガチ流血する試合が意図的に組ま...
【WWE】コフィ・キングストンが「いつか引退する日」を語る。「その時が来たらわかるよ」
プロレスラーの引き際はいつなのか?何をきっかけに引退するかは人それぞれです。 WWEで活躍するコフィ・キングストンは、Huntington Herald-Dispatchのインタビューの中で「引退」について質問され、次のように...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました