スポンサーリンク

【AEW】姿を消しているマルコ・スタントと団体のステータスはどうなっているのか?

ニュース

ジュラシック・エクスプレスのメンバーとして活躍していた身長155センチの小柄レスラー、マルコ・スタント。

最近、彼は出番がありません。Dynamiteでの試合は2021年3月、AEW Darkでは2021年9月が最後となり、彼の代わりにレジェンドのクリスチャン・ケイジがジュラシック・エクスプレスのメンバーとして活動している状態です。

レスリング・オブザーバーによれば、彼と団体の契約は今も続いているとのこと。AEWは基本的にレスラーを契約途中で解雇することはないため、彼が退団するとしても契約切れのタイミングになるようです。

ただし、最近出番がないとはいえ、彼が退団すると決まっているわけでもないため、どうなるかはわかりません。彼がAEWと契約したのは2019年7月。3年契約を結んでいるとすれば、おそらく今年の7月ごろに何らかの動きがあるでしょう。

(Wrestling Observer, WhatCulture)

あわせて読みたい

【WWE】NXTの重要人物が解雇されたことについて、HHHはどう考えているのか?彼らに期待されていた役割とは?
今週、WWEはウィリアム・リーガル卿やロード・ドッグ、ゲイブ・サポルスキーといったNXTの重要人物たちを解雇しました。 彼らはNXTでHHHと一緒に働いていたメンバーです。HHHが連れ戻したサモア・ジョーも解雇されてしまい、黒...
【AEW】ビッグ・スウォールがトニー・カーン社長炎上騒動に言及。「失望した」
元AEWの女性レスラー、ビッグ・スウォールがAEWの構造的問題を指摘したことが発端となったトニー・カーン社長炎上騒動。 彼女は「AEWには人種・文化的多様性が欠けている」と指摘し、AEWには黒人文化をレペゼンする存在が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました