スポンサーリンク

【WWE】カイル・オライリーがショーン・マイケルズのコーチとしての手腕を絶賛

未分類

WWEパフォーマンスセンターのコーチとして2016年に団体に復帰し、現在はプロデューサーとしてHHH不在のNXTを引っ張っているショーン・マイケルズ。

彼の存在は選手たちにとって非常に大きく、コーチとしてもプロデューサーとしても高く評価されています。もともと1人のコーチだった彼がプロデュースまで任されていることからも、団体内で彼がどうみられているかが分かります。

現在はAEWの一員として活動しているカイル・オライリーは、NXT時代にコーチングを受けたHBKを絶賛しています。

メインイベントのような試合の構造を学び、みんなが知っているような古い格言に耳を傾け、みんなの話を聞いてきた。でも、本当の意味は分かっていなかったんだ。

ショーンが教えてくれたのは、観客のリアクションに合わせて判断するのではなく、常に一定のレベルを保つんだ、ということ。両者がダウンしている時は、観客がおとなしくなるまで待っていてもいい。動けるようになったらまた騒がせればいいんだ。

これは自分では気付かないような小さなことで、自分1人で学ぶのは難しい。誰かから教えてもらわないとね。こうすることで新しいアイデアが閃いて、ゲームを一つ上のレベルに高めることができる。

惑わず、自分のペースを保つこと、ですね。

【WWE】カリオン・クロスがHHHのリーダーシップを大絶賛。「ナチュラルリーダーだ」
HHH時代のNXTを支えたスタッフたちが解雇される…という衝撃的な幕開けとなった2022年。 今、HHHに代わってNXTを率いているショーン・マイケルズの評価が急上昇しています。HHHが療養から復帰した時、NXTはどうなるので...

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】AJスタイルズが「NXTで活動すること」を語る。「これがメインロースターがやってることだ、と」
プロレス界のトップパフォーマー、AJスタイルズ。 44歳の現在も相変わらずのパフォーマンスを見せている彼は、2021年末にNXTへ登場し、グレイソン・ウォーラーと敵対しました。 メインロースターとして団体の中心にいる彼に...
【新日本プロレス】ジェフ・コブが「日本語の勉強」「ノアの印象」を語る
レッスルキングダム16で内藤哲也とのシングルマッチを戦った後、試合に出場していないジェフ・コブ。 怪我で欠場中の彼は、インタビューの中で「日本語」と「ノアと新日本プロレスの対抗戦」について語りました。 日本語の勉強 新日本...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました