スポンサーリンク

ROHの売却に関する噂が報じられる。どの程度の金額で買収可能なのか?

ニュース

2022年4月に活動を再開するROH。親会社は全米最大級のローカルテレビ運営グループ、シンクレアです。

21世紀のプロレス界を支えてきた団体については常に様々な噂が飛び交っています。Fightfulによれば、ROHが活動を一時休止する2021年12月以前から、ROHに対して複数のプロレス団体やメディアが団体の買収にかかる費用の問い合わせがあったようです。その数は「予想よりもずっと多かった」とのこと。また、買収だけではなく、業務提携に関する申し出もあるそうです。

費用の問い合わせは複数あったものの、その具体的な金額は不明とのこと。2020年に報じられた噂では、ROH買収に向けた話し合いをしている他団体上層部が「4000万ドルだと言われた」と発言したそうです。一方で、業界内外の人物によって、2000万ドル、あるいは3000万ドルと推測されている、という噂もあります

ちなみに、ROHが所有する豊富なテープ・ライブラリの売却話も定期的に噂される話題の1つです。2021年10月にはSports Illstratedが「ROHはテープ・ライブラリーを売りに出している」と報じたものの、数日後にレスリング・オブザーバーがこれを否定しました。

この手の噂が繰り返し流れては消えていくのは、ROHやテープ・ライブラリーへの業界内の関心が高いことを裏付けていると言えるでしょう。とはいえ、誰も手にすることはできていませんし、実際にROHやシンクレアが売却に興味を持っているのかはわかりません。

ジョナサン・グレシャムが語る「WWE&AEWからオファーが来たらどうするか?」
ROH世界王座保持者のジョナサン・グレシャム。 ROHが全所属レスラーとの契約を解消した後、元ロースターたちは他団体に移籍するケースが増えています。ブロディ・キングとジェイ・リーサルはAEWへ、The OGKとPCOはインパク...
【WWE】HHHが新日本プロレス&ROH「G1 SUPERCARD」開催の阻止を狙っていたと報じられる
2019年4月、新日本プロレスとROHはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で合同興行「G1 SUPERCARD」を開催しました。 WWEとの関わりが非常に強い団体で行われた歴史的なイベントは、販売開始から1...
ROHの最高執行責任者が「活動停止と団体再構築を決意した背景」を語る
12月のPPV「Final Battle」を最後に活動停止に入り、団体のコンテンツとビジネスモデルを再構築するROH。 21世紀のプロレス界をインディシーンから支え、多くのスターを生み出してきた団体は、レスラーとの契約を持たず...

(Fightful, Clutaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】クリス・ジェリコが将来的なAEWとのスーパーショー開催に言及。「日本との行き来がしやすくなれば」
新日本プロレスとAEWは友好関係にあります。 AEWは新日本のアメリカ進出におけるキーパーソンたち(ケニー・オメガなど)が中心となって設立された団体で、設立当初は新日本との間に不穏な空気が漂っていました。 しかし、新型コ...
【WWE】プッシュを得られそうなリコシェ。チャンスを得た理由とは?
次回のSmackDownでサミ・ゼインの持つWWEインターコンチネンタル王座への挑戦が決まったリコシェ。どうやらチャンスを掴みつつあるようです。 最近はシェイマスやリッジ・ホランドとのストーリーに加わっていたリコシェですが、タ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました