スポンサーリンク

【AEW】Cody副社長の後任者はなし。トニー・カーン社長「副社長は他にもいる」

ニュース

AEWの副社長として活躍してきたCody。団体を去る決断を下したことによって、副社長の席が1つ空きました。

AEWは2019年にThe Eliteメンバーを中心に設立された団体です。ヤング・バックス(ニック & マット・ジャクソン)とケニー・オメガ、そしてCodyが副社長を務め、NFLやサッカー・プレミアリーグでのオーナー経験を持つ大富豪シャヒド家の青年トニーを社長に据えて始動。2021年は団体の価値が一気に上昇する特別な1年となりました。

Podcast番組「In The Kliq」にゲスト出演したトニーは、Cody(副社長)、そして妻ブランディ(チーフ・ブランド・オフィサー)の退団によって空席となった2つの役職を今後どうしていくのかについて語りました。

2人とも、団体立ち上げ当初から団体に大きく貢献してくれていた。私の成功の大きな部分を占めてくれていたことにとても感謝しているよ。副社長の後任者は探さないつもりだ。俺自身もいろんな領域で責任を負っているし、副社長のポジションには他にも素晴らしい人材がいて、みんなで素晴らしいチームとして働いている。

ブランド・オフィサーについては、後任者を探さなければならない。ブランディは素晴らしい働きをしてくれていた。おそらく俺がこのポジションを担当することになるんじゃないかな。ただ、俺たちは前進している。かつてないほど強くなっている。みんなで「Revolution」への道を歩んでいるんだ。

AEWトニー・カーン社長のROH買収により、CodyのAEW再契約の可能性が浮上?
先日、AEWのトニー・カーン社長がROHの買収を発表しました。AEWとの関係は緊密なものになることが予想されます。 この大ニュースはAEWに予想外の影響を与えるかもしれません。 2022年2月にAEWを退...
【AEW】トニー・カーン社長が「Codyとの契約延長オプションを行使しなかった理由」を説明。「もっと長い契約を結びたかった」
2021年末にAEWとの3年契約を満了したCody。その後はフリーエージェントとして団体に参戦していましたが、現地2月15日にAEWからの退団を発表しました。 AEWはトップレスラーたちとの契約に「1年、あるいは2年の契約延長...

(Fightful)

あわせて読みたい

WWEが2018年にROH買収を狙った理由は「テープライブラリー入手とROHの活動停止」だったと報じられる
AEWトニー・カーン社長がROHを買収したというニュースは、2018年にWWEがROHの買収を狙っていたという話に注目が集まるきっかけになりました。 HHHはROH、ビンス・マクマホンは新日本プロレスの買収を狙っていた、WWE...
WWEによるROH買収、HHHが倒れていなければ実現していた可能性が高いと報じられる
2021年末をもって活動を一時停止し、2022年4月に活動再開することが予定されているROH。先日、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収したことが発表されました。 この件については様々な噂が報じられています。2018年にW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました