スポンサーリンク

マイケル・エルガンがインパクト・レスリングを相手に訴訟を起こす

ニュース

新日本プロレスやROH、インパクト・レスリングで活躍したマイケル・エルガン。

彼は優秀なプロレスラーでしたが、バックステージでの言動や様々な危うい噂が流れたこともあり、キャリアは彼の思い通りには行きませんでした。タマ・トンガも彼に激しい怒りを見せています。

【新日本プロレス】マイケル・エルガンが退団した背景には何があったのか?タマ・トンガとの間に確執
2019年3月、新日本プロレスはマイケル・エルガンが退団したことを発表しました。それから約2年が経った今、「彼がなぜ退団したのか」についての情報が飛び交っています。 発端はFightfulの報道でした。新日本内部の情報源によれ...

PWInsiderは、現地2月8日にエルガンがインパクトを相手に訴訟を起こしたことを報じています。

2020年に海外プロレス界を揺るがした「Speaking Outムーブメント(プロレスラーによる性的暴行などをSNSで告発する運動)」の中、エルガンはある女性に対して偽名で性的な写真を送りつけたことを告発され、団体から出場停止処分を受けました。しかし、処分が下されてから数日後、インパクトは「今後、エルガンがインパクト・レスリングの番組に出場することはない」と発表。エルガンは、「疑惑の調査が完了するまでの謹慎処分だ、と説明を受けていたのに」と主張しています。

また、インパクト副社長のスコット・ダモールから「もう番組に出さないという団体の決定は、何らかの調査結果に基づくものではない」とメールで伝えられたとも主張しており、これらを「契約違反だ」として団体に対して500万ドル以上の支払いを求める訴訟を起こしたのです。500万ドルという数字は「契約違反がなければ得られていたはずの経済的地位」としてエルガン側が見積もった数字です。

その他にも、2020年12月にノアからブッキングがあったものの、これをインパクトの判断でキャンセルされ、日本での評判を傷つけられたとも主張しています。

Speaking Outムーブメント以降、彼の名前をこうしたゴシップ的な話題でしか見なくなった気がします。新日本本隊の外国人エースだった頃の輝きを取り戻すことはできるのでしょうか…。

マイケル・エルガンが逮捕される。原因は元婚約者へのDV疑惑と保護命令違反
新日本プロレスやROHで活躍したプロレスラー、マイケル・エルガンが逮捕されました。 WrestlingNews.coによれば、エルガンが逮捕されたのは6月29日。その数日前、「エルガンが行方不明になった」とFacebookで話...
マイケル・エルガン「マジでプロレスのことはもう好きじゃない」その理由とは
2019年3月31日をもって新日本プロレスとの契約を満了し、インパクト・レスリングに移籍したマイケル・エルガン。現在も元気に活動中ですが、プロレスに対する考えは複雑なようです。 エルガンは、Twitterでこう語りました。 ...

(PWInsider, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長によるROH買収の経緯が報じられる。WWEが失敗した買収を成功させた理由とは?
AEWトニー・カーン社長によるROHの買収はプロレス界に大きな影響を与える可能性があります。一部報道では、ROHはAEWの育成期間としての役割を担っていくことになり、AEWの主力級レスラーがROHへ参戦することも……という計画があるとのこと...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトが「禁断の扉」「コロナ禍におけるアメリカでの活動」を語る
新日本プロレスとAEWの緊張関係を表す言葉だった「禁断の扉」。KENTAが扉を開いたこと、新日本とAEWが提携関係になったこともあり、現在は「他団体からレスラーがやってくること」を示す言葉として使われています。 新日本所属のジ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました