スポンサーリンク

WWEによるROH買収、HHHが倒れていなければ実現していた可能性が高いと報じられる

ニュース

2021年末をもって活動を一時停止し、2022年4月に活動再開することが予定されているROH。先日、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収したことが発表されました。

この件については様々な噂が報じられています。2018年にWWEがROHの買収に動いていたものの、ビンス・マクマホンが新日本プロレスを買収したがったことが原因で破談したという話や、その時のWWEの狙いはどのようなものだったのか、という一連の報道は、WWEという団体の姿勢がとてもよくわかります。

WWEが2018年にROH買収を狙った理由は「テープライブラリー入手とROHの活動停止」だったと報じられる
AEWトニー・カーン社長がROHを買収したというニュースは、2018年にWWEがROHの買収を狙っていたという話に注目が集まるきっかけになりました。 HHHはROH、ビンス・マクマホンは新日本プロレスの買収を狙っていた、WWE...
【WWE】2018年、HHHがROHの、ビンス・マクマホンが新日本プロレスの買収を狙っていたと報じられる
先日、AEWのトニー・カーン社長がROHの買収を発表しました。この件についての報道がしばらく多くなるかもしれません。 PWInsiderによれば、一部のWWE関係者はこの発表について「かなりショックを受けていた」そうです。HB...
【AEW】トニー・カーン社長によるROH買収の経緯が報じられる。WWEが失敗した買収を成功させた理由とは?
AEWトニー・カーン社長によるROHの買収はプロレス界に大きな影響を与える可能性があります。一部報道では、ROHはAEWの育成期間としての役割を担っていくことになり、AEWの主力級レスラーがROHへ参戦することも……という計画があるとのこと...

2018年にROHの買収を狙っていたのは、NXTを率いるHHHだったとされています。2021年にROHが活動停止を発表した後、WWEは再びROHの買収に動いたと報じられていますが、この時も交渉は成立しませんでした。

レスリング・オブザーバーによれば、2021年9月にHHHが心臓の手術を受け、療養に入っていなければ、もしROHとの交渉に関与していれば、2021年の交渉は成立していた可能性が高かったようです。このニュースに詳しい人物に取材したオブザーバーは、「ROHについて長期的な関心を持っていたHHHが交渉を押し切ったはずで、そうなれば間違いなく買収できていた」、という見解を聞き出したのだとか。ここにもHHH不在の影響が出ていたのですね。

実際、2021年にWWEがROHを買収できていたとして、どのような形で活用しようと考えていたのかは不明です。2018年のROHはヤング・バックスらの活躍で勢いに乗っていましたが、2021年は状況がまったく異なっていましたし。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトが「禁断の扉」「コロナ禍におけるアメリカでの活動」を語る
新日本プロレスとAEWの緊張関係を表す言葉だった「禁断の扉」。KENTAが扉を開いたこと、新日本とAEWが提携関係になったこともあり、現在は「他団体からレスラーがやってくること」を示す言葉として使われています。 新日本所属のジ...
AEWトニー・カーン社長のROH買収により、CodyのAEW再契約の可能性が浮上?
先日、AEWのトニー・カーン社長がROHの買収を発表しました。AEWとの関係は緊密なものになることが予想されます。 この大ニュースはAEWに予想外の影響を与えるかもしれません。 2022年2月にAEWを退...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました