スポンサーリンク

【AEW】PPV「Revolution」の収益は830万ドル。団体史上2番目に成功したPPVに

ニュース

2019年に設立されたAEWの歴史上最も成功したPPVは2021年の「ALL OUT」でした。

CMパンクのプロレス復帰戦、ブライアン・ダニエルソン、アダム・コール、ルビー・ソーホーのサプライズ入団、新日本プロレスから小島聡が参戦し、鈴木みのるがジョン・モクスリーを襲撃……。あまりにも多くのサプライズがあり、それらが見事に成功していました。PPVは205,000件購入され、PPVの収益としては団体最高の数字を記録しています。

さて、2022年3月に開催されたPPV「Revolution」は、ブライアン・ダニエルソンとジョン・モクスリーの激しい試合あり、ハングマン・ペイジとアダム・コールの名勝負あり、ウィリアム・リーガル & シェイン・スワーブ・ストリックランドのサプライズ登場あり、CMパンクとMJFの決着戦ありと、こちらも盛りだくさんの内容でした。

レスリング・オブザーバーによれば、このPPVは167,000〜173,000件購入され、2021年のALL OUTに次ぐ団体2番目の数字を記録したとのこと。これまでの2位はハングマン・ペイジがケニー・オメガに勝利してAEW世界王座の4代目チャンピオンに就任した2021年の「Full Gear」で、PPV購入件数は145,000件でした。

Revolutionの特徴は、放送終了後に購入件数が急増したこと。14〜15%も伸びたとされています。PPVの購入、チケット販売、グッズ収益、映画館での上映チケットなどを含む全体の収益は830万ドル(日本円で約10億円)。AEWの取り分は455万ドルとのこと。素晴らしい成功ですね。

2021年のALL OUTは、WWE以外の団体ではWCW以来となるPPV購入件数となりました。自己ベストを超えること、超えることが当たり前になることを目指していくことになりそうですね。ちなみに、現在のWWEのPPVは定額の動画配信サービスで視聴できるようになったため、PPV購入件数を単純に比較することはできません。

【AEW】ブライアン・ダニエルソン「ALL OUTは今までに見た中で一番すごいPPVだ」
現地9月5日に開催されたPPV「ALL OUT」はファンや業界関係者から非常に高い評価を得ています。ブライアン・ダニエルソン、アダム・コール、ルビー・ソーホー(ルビー・ライオット)、鈴木みのるがサプライズ登場し、CMパンクの復帰戦が行われ、...
【AEW】トニー・カーン社長がALL OUTでのブライアン・ダニエルソン & アダム・コールのデビューを振り返る。「2年かけて作ったショーだ」
先日開催されたAEWのPPV「ALL OUT」では、元WWEのブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン)とアダム・コールがサプライズ登場しました。AEWと契約した2人は現地時間9月8日放送のDynamiteにも出演しています。 ...

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが膝の手術を受ける。復帰は当分先になりそう
AEW世界王座のチャンピオンとして2021年を駆け抜けたケニー・オメガ。 身体のコンディションは限界を超えており、複数の怪我を抱えた状態でパフォーマンスを続けていた彼は、ハングマン・ペイジに敗れてAEW世界王座を失った後、長期...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロはAEWとのスーパーショー開催に前向き。「AEWが受け入れるなら、新日本も」
新日本プロレスのロッキー・ロメロは、新日本の海外戦略において欠かせない存在です。近年は、WWEから解雇された選手に声をかけたり、AEWとの関係の架け橋になったりと、彼がいなければ今の新日本はないと言ってもいいほどの存在だと言えるでしょう。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました