スポンサーリンク

【WWE】エンジェル・ガルザ「何をやっても文句を言われる。我々は『批判の時代』を生きているんだ」

インタビュー

現代社会において、「批判」や「批評」というアクションは忌み嫌われるようになりました。否定的な文脈で用いられる「批判」はともかく、良い点と悪い点を客観的に指摘する「批評」は本来ネガティブ一辺倒な言葉ではないのですが、ネット時代においては、もはや「批判」と同一化したきらいがあります。

ネット時代。匿名だろうが実名だろうが、誰もが同じ「サイズ」の意見を公表できるようになった時代。素人がプロに対して上から目線のメッセージを直接届けることができるようになった技術の進歩。これは、表舞台で活動するパフォーマーたちにとってはいいことばかりではありません。

WWEのエンジェル・ガルザは、現代社会を「批判の時代」と呼び、ネガティブな考えを持っています。Wrestling Incによるインタビューの中で、彼は次のように語りました。

俺たちは、何をしようがファンたちから常に批判される。トップに立ったとしても、「ああ、団体はあの男にすべてを捧げているんだな」と言われ、24時間365日走り続けても、「ああ、団体はあの男を埋もれさせようとしているんだな」と言われ、素晴らしい働きをしても、「ああ、団体はあの男をプッシュしようとしているんだな」と言われ……ってね。いろんな意見を伝えてきて、決して満足しない人たちだ。

時にはそれ以上のこともある。「ああ、君はエゴイストだから、自分のことだけを考えているんだろ」とか言われるよ。そうとも。人間ってそういう生き物だろ?

仮に、俺がファンの仕事について、あれをしろこれをしろなんて言ったら?その人が自分のやり方でやっていることに文句を言ったらどうだ?「君はなんでマイクをそんな風に持つんだ?違う持ち方をしろよ」なんて批判したらどうよ?どうやったとしても、俺は文句を言うぞ。

今、俺たちについているファンはみんなそういう人たちだ。このビジネスの一部ではあるんだけど、そういう時代になっちゃった。俺は「批判の時代」と呼んでいるよ。

「ファンの中にはそういう人もいる」ということであって、すべてのファンが選手たちへ常に文句を言っているわけではありません。しかし、そうした意見がたくさん目に入ると「みんな」だと感じてしまうでしょうね。だからといって、「ファンは意見を持つな」とも言えないし…。決して解決しない、難しい問題ですね。

【WWE】シャーロット・フレアーが「絶え間なくプッシュを受けること」への批判に反論。「ずっと頑張っているね、とは思ってくれない」
リック・フレアーの娘、シャーロット・フレアー。 彼女は2015年のメインロースター昇格以降、常に女性戦線の中心人物として活躍し、プッシュを受け続けています。華やかなスタイルだけではなく、試合内容も充実している彼女はまさに団体の...
【AEW】次世代のハイフライヤー、ダンテ・マーティンが「空中殺法が増えた現代プロレスへの批判」にコメント。「自分を貫くだけ」
プロレスの流行は時代によって変容します。現代のプロレスでは大柄なレスラーが空中殺法を使うことも増え、全体的にハイフライ・ムーブの利用割合が増えています。 このことについて、一部のファンや業界人が批判的に語ることがあります。時代...
【WWE】パイパー・ニヴンに対して「痩せろ」と意見するファンに対し、仲間の選手たちから批判の声が相次ぐ
現地時間6月14日に放送されたRAWに出場したパイパー・ニヴン。体型を活かしたパワフルなプロレスは日本でもおなじみです。 みんなが望んでいた形でのデビューだったかはともかく、彼女のメインロースターデビューは祝福すべきで...

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーとの壮絶な一戦……ウィーラー・ユウタがAEWでの成長を語る
Rampageの最新回でとんでもない試合が行われました。 ショーのメインイベントはジョン・モクスリーとウィーラー・ユウタによるシングルマッチ。ウィーラーが顔中血まみれになるほどの激しい内容となり、ファンを驚かせました。Cage...
【新日本プロレス】鈴木みのる VS サモア・ジョー!ドリームマッチがAEWのリングで実現へ
先日開催されたROHの復活興行「Supercard of Honor」でROH世界TV王座を獲得した鈴木みのる。アメリカで絶大な支持を得る彼がタイトルを獲得した時点で、何かが起こりそうな気配はありました。 今日、AEW・Ram...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました