スポンサーリンク

【AEW】ジョナサン・グレシャムが脳震盪の疑いでPROGRESSへの出場をキャンセルすることに。「健康第一だ」

ニュース

AEWと契約したばかりのジョナサン・グレシャムが負傷してしまったようです。

ジョナサン・グレシャムがAEWと契約。引き続きROHで活動していくと報じられる
ROH世界王座のチャンピオンとして活躍中のジョナサン・グレシャム。 現地4月16日に放送されるAEW「Battle of the Belts II」で、彼はダルトン・キャッスルを相手にタイトルの防衛戦を行います。 AEW...

先日放送されたAEW「Battle of the Belts II」でダルトン・キャッスルを相手にROH世界王座の防衛戦を戦ったグレシャム。Fightfulによれば、試合に勝利した後、彼は脳震盪の可能性があるとして検査を受けたとのこと。ガット・レンチ・スープレックスを受け、頭と肩を強打したことが原因になった可能性が高いようです。

ROH世界王座のベルトを様々な団体のリングで防衛してきた彼は、今後も様々な団体への出場が予定されていました。現地4月17・18日にはPROGRESS、23日にはインパクト・レスリングのPPV「Rebellion」へ出場することになっていたものの、ひとまずPROGRESSには欠場することが決まりました。

グレシャムは、PROGRESSファンへの声明を発表し、次のようにコメントしています。

残念ながら、日曜日と月曜日にロンドンで行われるイベントには、怪我のせいで出場できなくなってしまった。出場許可が下りていないんだ。PROGRESSとファンのみなさんには謝りたい。週末に間に合わせることができなくて申し訳ないよ。本当はやりたかったんだけど、健康第一だからね。少し休まなければならない。

出場許可が下りたら必ず戻るし、PROGRESSで仕事をして、みんなのためにパフォーマンスすることを本当に楽しみにしているよ。

脳震盪は長期離脱の原因にもなりますし、レスラー生命に関わることもある危険な怪我です。許可が下りるまでは絶対に無理はできないので、これを機に身体をしっかり休め、コンディションを整えてもらいたいですね。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジュース・ロビンソンが新日本の思い出や退団後の計画を語る。「活動日数はぐっと減らす」
4月30日をもって新日本での活動を終了するジュース・ロビンソン。現地4月16日開催のアメリカ大会「Windy City Riot」は、彼にとって最後の新日本のリングでした。 Fightfulの取材に応じた彼は、新日本で...
【AEW】トニー・カーン社長「CMパンクとMJFの抗争は俺がこれまでに関わったものの中でも最高」
プロモの達人同士が己のスキルを発揮し合った名抗争。CMパンクとMJFの抗争は、MJFに新たな一面が見えるなど、単純な「マイク合戦」では終わらない素晴らしいストーリーが展開されました。 AEWのトニー・カーン社長もこの抗争には大...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました