スポンサーリンク

【WWE】さらなる所属選手の解雇が間もなく行われるかも?

ニュース

先日、WWEは9名の所属選手を解雇しました。ダコタ・カイやデクスター・ルミスが対象に含まれていたことは大きな話題となり、それに付随する報道もいくつか出てきています。

【WWE】ダコタ・カイは「メインロースターの素材ではない」と見なされていた?
先日、WWEは9名の所属選手を解雇しました。その中には、NXTで実績を残し、ファンからの評価も高かったダコタ・カイが含まれていました。 NXT女子タッグ王座を2度戴冠したカイ。2017年にWWEと契約し、同年のメイ・ヤ...

カイとマルコム・ビベンスはWWEとの契約を更新する意思がなかったと報じられていましたが、カイは2023年4月、ビベンスは2023年初頭に契約が切れる予定になっていたそうです。それを待つことなく解雇することを決断したということは、よっぽど将来的なプランが用意されていなかったのでしょう。

レスリング・オブザーバーによれば、さらなる選手の解雇がすぐに行われる可能性もあるとのこと。団体内には、9名の解雇だけでは終わらないと考えている関係者がいるそうです。

2020年以降、WWEは選手の大量解雇を繰り返してきました。活躍の見込みがないと判断された選手もいれば、高額の年俸が原因になった選手もいる。その背景は様々ですが、表向きの理由は「経費削減」です。メインロースターとして活躍していたとしても、ブラウン・ストローマンやブレイ・ワイアットのように整理の対象になってしまう可能性もあるので、トップ層以外は余裕ではいられません。

WWE時代のブレイ・ワイアットの年収は超高額。獲得できる団体はわずか
2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。 長年に渡ってファンを楽しませてきたパフォーマーでしたが、様々な要因が重なって解雇に至ったとされています。そのうちの1つにコストカットがありました。この年、WWEは所属選手や...

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ウィリアム・リーガル卿がTシャツの収益から大谷晋二郎へ寄付すると発表
大谷晋二郎が試合中に重傷を負ったというニュースは海外でも大きな話題になっています。 日本のプロレス界を支えてきたベテランの将来は不透明。頚髄損傷の治療にはお金がかかることから、ZERO1は「何度でも立ち上がれ! 大谷晋二郎応援...
コーディ・ローデス「俺はWWEとAEWのファンの間にある『部族主義』に加担してしまった」
プロレス団体のファン同士がいがみ合ったり、敵対心を持つことは珍しくありません。日本でもアメリカでも同じです。 WWEとAEWの一部のファンは、「俺が応援している団体のほうが向こうよりも優れている」と考え、ネット上で意見をぶつけ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました