スポンサーリンク

WWE時代のブレイ・ワイアットの年収は超高額。獲得できる団体はわずか

未分類

2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。

長年に渡ってファンを楽しませてきたパフォーマーでしたが、様々な要因が重なって解雇に至ったとされています。そのうちの1つにコストカットがありました。この年、WWEは所属選手やスタッフを大量に解雇し、コストカットに励んでいました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、WWE時代のワイアットの年収は400万ドルを超えていたとのこと。この数字は業界の最高水準です。

これは当然、フリーランスの彼を獲得するために必要な資金も高額だということを意味します。退団後の彼に対し、インパクト・レスリングとAEWが獲得に動いたとされていますが、インパクトには到底払える金額ではありません。獲得に力を入れたにも関わらず、それが実現しなかったのは、獲得にかかる資金が足りなかったからなのかもしれませんね。

一応、AEWなら支払いは可能な金額ではあるものの、メルツァーは「ワイアットはAEWに完全にフィットする人材ではない」と考えているようです。新日本プロレス向きでもありませんし、彼がこれからもプロレスラーを続けるのであれば、古巣に復帰するのが一番でしょう。

インパクト・レスリングがブレイ・ワイアット&ブラウン・ストローマンとの契約交渉に苦労中
先日放送されたAEW・Dynamiteでは、元WWEのトニー・ニースが観客として登場し、「最もホットなフリーエージェントの一人」と紹介されていました。 確かに、WWEでクルーザー級のチャンピオンになったことがあるニース...
AEWがブレイ・ワイアットの獲得を「間違いなく」計画していたと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。10月下旬にWWEとの協業回避義務が終了し、現在はどの団体にも参戦可能な状態です。 しかし、彼はまだどの団体とも契約を指定ない状態です。ハリウッドで映画製...
ブレイ・ワイアットがリング復帰の可能性に言及。「よく考える。タイミングがすべて」
2021年7月にWWEから解雇された後、プロレスラーとしての活動を休止しているブレイ・ワイアット。彼が最後に試合に出場したのは、2021年のレッスルマニア37でした。 プロレス界では彼の獲得に関する動きもあり、特にインパクト・...

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンはオースチン・セオリーに「若きジョン・シナ」の姿を見ていると報じられる
2021年にメインロースターへ昇格した後、ビンス・マクマホンに気に入られて強くプッシュされているセオリー。レッスルマニア38では、スティーブ・オースチンのスタナーを受けるという貴重な体験をすることもできました。 彼はビンスから...
【新日本プロレス】NJPW STRONGで活躍中のジョナ。活動の最優先は新日本
NXTでNXT北米王座を獲得するなどの活躍を見せたものの、2021年8月にWWEから解雇されてしまったブロンソン・リード。 退団後、新日本プロレスのロッキー・ロメロに声をかけられてNJPW STRONGに参戦している彼は、「ジ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました