スポンサーリンク

【AEW】スチュ・グレイソンが退団。新契約に向けた話し合いがまとまらず

ニュース

AEWの初期メンバーで、ユニット「The Dark Order」のオリジナルメンバーでもあるスチュ・グレイソン。

現地5月1日、AEW公式HPのロースター一覧ページから彼のプロフィールが削除されたことが話題になりました。

今日、最新情報が報じられました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWはグレイソンの残留を望んでおり、彼と新しい契約に向けた交渉をしていたものの、金銭面で話し合いがまとまらず、グレイソンの退団に至ったとのこと。

かつてはDynamiteでもよく試合をしていたグレイソンですが、2021年下半期からAEW Darkへの出場がメインになっていました。団体設立当時のメンバーが次々と契約切れを迎える2022年、これまでに退団が明らかになったジョーイ・ジャネラらはAEW側が契約更新を望まなかったレスラーたちでしたが、グレイソンの場合はまた別のパターンでした。

あわせて読みたい

【AEW】ダスティン・ローデスが「AEWでのコーチングとWWEでのプロデュースの違い」を語る。「本当に厳しいんだ」
53歳。大ベテランとなった今も精力的に活動しているダスティン・ローデスは、2019年にWWEからAEWへ移籍した彼は、コーチとしてレスラーを指導する立場でもあり、女性部門のメインコーチの1人として彼女たちを支えています。 WW...
ブッカーTはAEWと新日本プロレスの合同興行の「ある側面」に懐疑的。「新しいファンを呼べるとは思えない」
世界中のプロレスファンが夢見ていた新日本プロレスとAEWのコラボレーションが遂に実現します。 現地6月26日、両団体はシカゴのユナイテッド・センターでスーパーショー「Forbidden Door」を開催。対戦カードは新日本 V...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました