スポンサーリンク

【AEW】ウォードローが最近の躍進を語る。「みんなが俺の名前を大合唱してくれるのを、ずっと夢見ていた」

インタビュー

AEWには多くの優秀なレスラーが所属しています。設立当初はアメリカでは小柄だと考えられるようなレスラーが多かったものの、ロースターの拡大によって大柄なレスラーも増え、パワー VS パワーが売りの試合も珍しくなくなりました。

その中でも、最近特に脚光を浴びているのがウォードローです。2019年、インディシーンでも知名度が低かった彼はMJFの用心棒としてAEWと契約。以降、常にMJFと共に活動してきましたが、彼に反目してベビーフェイスターンすると、ファンから熱い支持を集めるようになりました。

現在、Dynamiteでは彼とMJFの抗争が展開されており、MJFが送り込んだ刺客をウォードローがパワーボムで退治する、というのがお決まりの光景になっています。2022年冬のPPV「Revolution」で行われたラダーマッチを制し、急速なブレイクを果たし、番組への出演時間も増えた。このことについて、彼はどう考えているのでしょうか?

「Huber In The Morning」にゲスト出演した彼は、次のように語っています。

一晩でブレイクしたように感じてしまうね。瞬きする間にすべてが起きてしまったような。でも、そうじゃない。長い年月をかけて起きた出来事なんだ。このチャンスをずっと待っていた。フレッシュに感じるかもしれないけど、同時に親しみのあることでもある。

夢のような話だよ。会場のファンが俺の名前を大合唱してくれるのをずっと夢見ていた。どの会場でも、どの街でも、みんな俺の名前を叫んでくれている。俺の評判が良いってことだよね。時々、これが現実のことなのかどうか、ほっぺたをつねってみたくなる。

2021年のAEWで最もブレイクしたのはブリット・ベイカー。サンダー・ロサとの血みどろのデスマッチを制した後、ナチュラルスターに成長していきました。現在のウォードローにも、あの頃のベイカーに近いものを感じます。どこかでタイトルが欲しいですね!そして、MJF以外のライバルを見つけたいところ。個人的には、ミロとTNT王座を争うようなことがあれば、さらに飛び抜けそうな気がします。

彼の活躍は新日本プロレスワールドのAEW配信でも見ることができるので、ぜひ。

njpwworld.com 新日本プロレスワールド
New Japan Pro-Wrestling Live & On-Demand Service!! | 新日本プロレス公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド」

Wrestle Zone

あわせて読みたい

【WWE】「ノンタイトル」というワードが禁止リストに加わったことが明らかに
RAWの最新回で行われた、ムスタファ・アリ、ザ・ミズ、セオリーによるセグメント。 その中で、「ノンタイトル・チャンピオンシップ・コンテンダーズ・マッチ」という言葉が使われました。US王座チャンピオンのセオリーがアリに対して提案...
【AEW】ダスティン・ローデスが「AEWでのコーチングとWWEでのプロデュースの違い」を語る。「本当に厳しいんだ」
53歳。大ベテランとなった今も精力的に活動しているダスティン・ローデスは、2019年にWWEからAEWへ移籍した彼は、コーチとしてレスラーを指導する立場でもあり、女性部門のメインコーチの1人として彼女たちを支えています。 WW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました