スポンサーリンク

【AEW】ウィリアム・リーガル卿がWWEからの解雇を振り返る。「正直、予期していた」

インタビュー

2022年1月、WWEはかつてのNXTを支えていたスタッフたちを解雇しました。

ブランドを率いていたHHHが体調を崩し、ショーン・マイケルズがバックステージでの力を持つようになったNXT 2.0に居場所はない、と言わんばかりの解雇劇。ウィリアム・リーガルやゲイブ・サポルスキーらが契約を打ち切られました。

現在はAEWに所属しているリーガル卿は、ルネ・パケットのPodcast番組「The Sessions」にゲスト出演した際、WWEからの解雇を振り返りました。NXTに訪れた変化から、彼自身も「居場所がない」と感じていたようです。

正直、予期していたよ。団体のビジネス的には「そりゃそうだろう」って感じだね。私が座っていた席を空けなければ新しい人は入ってこれないわけだから、彼らはするべきことをしたってわけだ。完璧な嵐だったよ。HHHも体調を崩したしね。

2019年1月4日、俺は敗血病で余命24時間だと宣告された。医者から脚を切断しなければならないと言われたけど、何とか蹴り飛ばしたんだ。8週間も入院していたし、死を覚悟していたよ。2018年のクリスマスに家族を呼んで、死の事実と折り合いをつけたこともあった。2019年に復帰したら、いろんなことがあって、AEWが誕生して…。でも、俺は自分の仕事を集中した。NXTに。俺の職場だから。

俺は、NXTのすべてが2020年のTakeover: Portland(メインイベントはアダムコールとトマソ・チャンパによるNXT王座戦)でピークに達したと思ってる。[…]ブランドを率いていたみんなが「このスタイルはやり尽くした。全部やってしまった」と考えていて、これからは同じことの繰り返しになってしまうから、少し変化が必要だと考えている人もいたね。そういう議論が何度かあり、みんなそう考え始めた後でコロナ禍がやってきた。「知ったことか、生き残ろう」と決意したね。

【AEW】MJFが対戦してみたいWWEスーパースターは…「俺ほどローマン・レインズが好きな奴はいない」
2024年にAEWとの契約が切れた後、退団する方向に気持ちが傾いているとされるMJF。正直言って、彼のキャラクターからしてメディアをうまく使っているだけなような気もしますが…。 とにかく、彼はWWEの最高責任者ビンス・マクマホ...

いろんなことがあった職場を去るのはつらいでしょうが、やり切った感もあったのでしょうね。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクス & ナオミの退場事件、団体内からの支持はゼロ?
クリエイティブに対する反発から、RAWへの出場をキャンセルして会場から立ち去ったサーシャ・バンクスとナオミ。この事件については様々な意見が見られ、人や立場によって意見は異なるようです。 タッグとしての活動に力を入れたい...
【AEW】MJFが対戦してみたいWWEスーパースターは…「俺ほどローマン・レインズが好きな奴はいない」
2024年にAEWとの契約が切れた後、退団する方向に気持ちが傾いているとされるMJF。正直言って、彼のキャラクターからしてメディアをうまく使っているだけなような気もしますが…。 とにかく、彼はWWEの最高責任者ビンス・マクマホ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました