スポンサーリンク

新日本プロレスとAEWの合同興行「Forbidden Door」、ステージ裏の座席まで開放されキャパ17,000名のビッグイベントに

ニュース

現地6月26日に開催される新日本プロレスとAEWの合同興行「Forbidden Door」。私たちプロレスファンはいくつのドリームマッチを目撃することができるのでしょうか?

ショーのチケットは2回に分けて販売されました。現地5月5日の先行販売では約11,000枚のチケットが完売。翌6日の一般販売では約3,000枚のチケットが数分で完売。この時点で、約14,000名の幸運なファン(もちろん転売屋も)がチケットを入手しました。

そして今日、新日本とAEWは会場となるユナイテッド・センターのステージ裏の座席まで開放し、販売を開始しました。これにより、キャパシティは約17,000名を超える見込みです。また、会場には複数の「スイートルーム」が用意されるそうで、実際の観客動員数はこれを上回ることが予想されています。

世界中のプロレスファンと関係者が注目するビッグイベント。たとえ視界の悪い席だとしても、新日本とAEWのブランド力を期待するファンがチケットを買い求めることでしょう。

あわせて読みたい

【AEW】負傷欠場中のケニー・オメガはバックステージて活躍中
2021年のPPV「Full Gear」でハングマン・ペイジに敗れ、AEW世界王座を明け渡したケニー・オメガ。満身創痍の状態で活動を続けていた彼は敗北を機に怪我を治すための活動休止に入ります。 その後、現在に至るまで復帰できて...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンに不運な事故。リングと花道の間の隙間に脚が膝まで挟まり、身動きが取れなくなる
AEWのリングは会場によってセッティングが異なります。ステージから伸びる花道が傾斜になり、リングの周辺と花道の執着地点がフラットな状態になるケースと、花道に傾斜がなく、リング上と花道がフラットな高さで接続されるケース。Dynamiteの最新...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました