スポンサーリンク

【AEW】ジム・ロスがランス・アーチャーを称賛。「活用されていない」

インタビュー

2020年にAEWへ入団したランス・アーチャー。巨体を活かしたスタイルは健在で、先日はAEW世界王座チャンピオンのハングマン・ペイジと壮絶な試合を演じました。

レジェンドレスラー、ジェイク・ロバーツと組んで活動し、鈴木みのるがAEWに参戦する時はボスとの再会に大喜びの彼ですが、活躍する姿をもっと見たい、と考えるファンは少なくないでしょう。番組に出演する際は大きな役割を任せられることが多いものの、毎週のように出演するような立場ではありません。

彼は過小評価されている。AEWの実況アナウンサー、ジム・ロスはそう考えています。自身のPodcast番組の中で、彼は持論を展開しました。

トニー・カーン(AEW社長)がジェイク・ロバーツを連れてきたのは賢い選択だった。AEWには若いレスラーが多く、その数と比べてメンターやコーチのような立場の人は足りていない。トニーはいい仕事をしたよ。ジェイクとランス・アーチャーのコンビも良いね。

俺は、ランスはプロレス界で最もポテンシャルを活用されていないレスラーだと思う。デカくて頑丈な鉄砲玉だ。いい男で、信頼できる。

アーチャーも、もう45歳。若くありません。チャンスを掴んで再びタイトルを腰に巻くことはできるでしょうか?

【AEW】ランス・アーチャーが鈴木軍への思いを語る。「永遠に一員だ」
2010年代の新日本プロレスで活躍していた外国人レスラー、ランス・アーチャー。 タッグチームの相棒だったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本から退団したこともあり、2019年にシングルプレイヤーとしてブレイクを果たしたアー...

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソン「オカダ・カズチカとForbidden Doorで戦いたい。ザック・セイバー・ジュニアも…」
現地6月26日にシカゴのユナイテッド・センターで開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。たくさんのドリームマッチの実現が期待されている一大イベントで、ブライアン・ダニエルソンは新日本の「あの男」と戦いたい...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがWWEスーパースターたちを語る。「レスラーじゃなくてアクター。俺はアクターじゃない」
WWEスーパースターには様々な要素が求められます。 一定水準の試合をこなすことができる能力だけではなく、毎週放送される台本ありのテレビ番組に出演するタレントとして、視聴者を引きつける魅力を持っている必要があるのです。それは試合...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました