スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ケイジがDynamiteのバックステージに登場。復帰は間近?

ニュース

所属団体AEWでの出番がまったくなくなってしまっているブライアン・ケイジ。AEWでの最後の試合は2021年10月で、一時は契約満了とともに退団するのではないかと噂されていましたが、契約延長に合意するというサプライズもありました。

【AEW】退団が有力視されていたブライアン・ケイジが契約のオプション行使に合意して残留すると報じられる
インパクト・レスリングを退団後、2020年にAEWへ入団したブライアン・ケイジ。 入団当初は出番が多かったものの、最近は試合への出場機会が激減。AEWでの最後の試合は2021年10月で、契約満了と同時に退団することが有力視され...
【AEW】ブライアン・ケイジが復活に向けた計画を語る。「いくつかアイデアを出した」
2021年下半期から出番が全くなくなり、契約満了共に退団することが予想されていたブライアン・ケイジ。 団体が契約期間1年延長のオプション行使を彼に提案し、彼がそれを受け入れたことは意外性のあるニュースでした。ウォードローやパワ...

復帰に向けたプランがあると話していたケイジですが、具体的な動きは伝わってきていません。それでも水面下で何かが起きているようです。

Fightfulによれば、彼はDynamiteの最新回のバックステージにいたそうです。復帰に向けた撮影や話し合いがあったのかもしれません。彼は4月のROH「Supercard of Honor」に出場していたため、AEWじゃなくてもROHで活躍の機会が与えられるかもしれません。ROHについてはコルト・カバナが何らかの役割を果たすことが期待されているとされており、ROHの動向にも注目です。

【AEW】トニー・カーン社長がROH買収の経緯と将来的なプランを語る。「番組の放送をすぐにでもやりたい」
2022年3月にROHを買収したAEWのトニー・カーン社長。ROHは21世紀のプロレス界を支えてきた歴史あるインディ団体で、ROHのリングから多くのスターが育っていきました。その代表格であるブライアン・ダニエルソンとCMパンクは、現在トニー...
【AEW】コルト・カバナはROHでの活躍が期待されていると報じられる。その影にCMパンク?
ここ最近、コルト・カバナはAEWのテレビ番組で出番がありません。最後の試合は2021年11月のブライアン・ダニエルソン戦。AEW Darkやインディ団体での出番はあるものの、テレビ番組で出番がありませんは半年近く試合がない状態です。 ...

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがWWEスーパースターたちを語る。「レスラーじゃなくてアクター。俺はアクターじゃない」
WWEスーパースターには様々な要素が求められます。 一定水準の試合をこなすことができる能力だけではなく、毎週放送される台本ありのテレビ番組に出演するタレントとして、視聴者を引きつける魅力を持っている必要があるのです。それは試合...
【AEW】ブライアン・ダニエルソン「オカダ・カズチカとForbidden Doorで戦いたい。ザック・セイバー・ジュニアも…」
現地6月26日にシカゴのユナイテッド・センターで開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。たくさんのドリームマッチの実現が期待されている一大イベントで、ブライアン・ダニエルソンは新日本の「あの男」と戦いたい...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました