スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンが娘ステファニーを団体から追い出した、という噂が否定される

ニュース

先日、WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるステファニー・マクマホンが休職を発表しました。

いつ復帰するかは不明で、団体は彼女の代わりにチーフ・ブランド・オフィサーを務める人物を探しているとされています。重大な役職ですから、不在のままにはできないのでしょう。

彼女の休職についてはさまざまな噂が流れています。その中の1つに、Business Insiderによる「団体の最高責任者で、ステフの父であるビンス・マクマホンが彼女を追い出した」というものがありました。

宣伝やスポンサーシップといった、非常に重要な仕事をまさかれていたステフ。しかし、彼女の手腕は団体内でも疑問視されている、という噂もあります。Business Insiderは、ビンスが彼女を追い出したのは、彼の改革策の1つだと指摘。2022年3月にビンスがパット・マカフィーの番組に出演した際に

家族の働きには、そうではない人たちよりも期待してきたかもしれないね。ビジネスにとって正しい決断をしなければならない。仕事をこなせないなら、団体にいるべきじゃない。

と発言したことを引用したほか、ステフが結果を残せていなかったことに対する団体関係者からの厳しい声を紹介しました。

しかし、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、ステフの休職は彼女自身が望んだことだった、とBIの報道を否定しました。ただし、団体が彼女の後釜を探していることから、復帰後も同じ仕事をできるかどうかはわからない、としました。

公的には、「家族を優先するため」、つまり、健康問題を抱える夫HHHと子どもたちとの時間のために休職したステフ。実際のところがどうなのかはわかりませんが、家族との時間を大切にしてほしいです。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】負傷中のアダム・コール、新日本プロレスとの「Forbidden Door」出場は不透明な状況に
現在、AEWには怪我人が続出しています。CMパンク、ケニー・オメガ、スコーピオ・スカイといったタイトル保持経験者たちのほか、ブライアン・ダニエルソンやアダム・コールらの団体に欠かせない存在まで、野戦病院状態です。 現地6月26...
【WWE】負傷しながらもHell in a Cellに強行出場のコーディ・ローデス、内部では大絶賛も手術で長期離脱へ
PPV「Hell in a Cell」でセス・ロリンズに勝利したコーディ・ローデス。彼は胸筋が断裂した状態で試合に強行出場し、凄まじいパフォーマンスを披露したものの、その代償というか…本来必要な「ケア」がどの程度のものなのかがわかりました。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました