スポンサーリンク

AEWの「負傷」に関するポリシーが明らかに。何らかの変更に関係しない場合、公表されることはない

ニュース

悲しいことですが、プロレス界に怪我はつきものです。100%の健康体で戦っているレスラーはおそらく存在せず、誰もがどこかしらを痛めながらリングに上がっています。

ここ最近、AEWでは負傷者が続出しています。CMパンク、ブライアン・ダニエルソン、アダム・コール、スコーピオ・スカイなど、重要人物たちが欠場を余儀なくされている状態です。しかし、彼らの怪我について、AEWから正式な発表があることは稀。その理由は何なのでしょうか?

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、CMパンクの欠場理由が足の骨折である可能性が非常に高いものの、本人やAEWがそのことを公表していないことを引き合いに出し、AEWの「怪我」に関するポリシーを明かしました。

奇妙なことだが、AEWは団体として怪我について言及することがないんだ。AEWのポリシーでは、事前に告知されていた試合に変更が発生するような場合を除いて、レスラーの怪我や病気について公表することはない。

先週のDynamiteに出演したコールは複数箇所を負傷しているとされていますが、番組内でそのことが言及されることはなく、ハングマン・ペイジがIWGP世界ヘビー級王座への挑戦を表明した際も「俺こそ挑戦者にふさわしい」と発言していました。

また、怪我によりファンイベントを欠場したとされるブライアン・ダニエルソンの状態についても、AEWから何らかの発表があったわけではありません。

新日本プロレスは負傷の理由を明かすことがほとんどで、WWEはストーリーラインにフィットする場合は公表しています。各団体のポリシーの違いは面白いですね。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】テレビ番組放送局の親会社ワーナー・ブラザースから「今後、MJFをコマーシャルに使うな」という命令があったと報じられる
団体への不満を爆発させ、トニー・カーン社長にFワードを浴びせ、「俺を解雇しろ!」と叫んだMJF。Dynamiteで伝説級のプロモを披露した余波は大きいようです。 彼はAEWの顔の1人。宣伝やコマーシャルにも積極的に起用されてい...
デイビーボーイ・スミス・ジュニアが幻に終わったWWE復帰プランを語る。「みんながパニックになるほどの色男になるはずだった」
2021年、デイビーボーイ・スミス・ジュニアは一時的にWWEへ復帰したものの、本格的な活動開始を待つことなく団体から解雇されてしまいました。 久々にWWEロースターに復帰した彼の試合数はたったの1つだけ。SmackDownのダ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました