スポンサーリンク

【WWE】ギュンター(ウォルター)の評価が急上昇中。「輝いて見えている」

ニュース

選手層の厚いWWEとはいえ、新しいスターの誕生は常に待ち望まれています。

特に今のWWEにとって、スターの育成は急務です。ローマン・レインズは出場試合数を減らす新契約に合意し、コーディ・ローデスは胸筋断裂の怪我により9ヶ月間の欠場が明らかになりました。彼らのようなスターを作るのは簡単なことではありませんが、候補になる選手は何人かいるようです。

そのうちの1人がギュンター。元々は「ウォルター」のリングネームで活躍し、ヨーロッパを中心に世界中で名勝負を作り上げてきた無骨なパワーファイターです。活動拠点をアメリカに移した後、団体の最高責任者ビンス・マクマホンの命令によって体重を減らし、スリムな体格になった彼は、メインロースター昇格後も一定のチャンスを与えられています。

Fightfulによれば、団体内部では彼の評価が高いようで、影響力のある人たちの目には「輝いて見えている」とのこと。今後、彼には大きなチャンスが与えられるでしょう。そこでしっかりと結果を残せば、団体の顔に成長していくかもしれません。

【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルター)に減量命令
ヨーロッパのインディシーンを中心に大活躍したウォルター。 現在、彼はWWEのメインロースターとして「ギュンター」のリングネームで活動しています。このリングネームについても一騒動ありましたが、何よりもメインロースターとして活躍の...
【WWE】ギュンター(ウォルター)がアメリカ移住を語る。「NXT UKが手狭になったように感じた」
ヨーロッパのプロレス界で大活躍してきたウォルター。 恵まれた体格、パワフルなスタイル。いくつもの名勝負を生み出してきた彼は、長年に渡って「アメリカへ移住するのは嫌だ」と考え、WWEとの契約後もNXT UKで活動していました。 ...

Gunther vs. Teddy Goodz: SmackDown, April 22, 2022

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

デイビーボーイ・スミス・ジュニアが幻に終わったWWE復帰プランを語る。「みんながパニックになるほどの色男になるはずだった」
2021年、デイビーボーイ・スミス・ジュニアは一時的にWWEへ復帰したものの、本格的な活動開始を待つことなく団体から解雇されてしまいました。 久々にWWEロースターに復帰した彼の試合数はたったの1つだけ。SmackDownのダ...
ペイジが重大発表。7月7日付でWWEから退団することを明かす
若くしてWWEの女性スーパースターとして活躍したペイジ。 1992年生まれの彼女は2005年にプロレスラーとしてデビューし、2012年からWWEでの活動を開始しました。NXT女子王座、WWEディーヴァ王座を獲得し、団体を代表す...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました