スポンサーリンク

【AEW】HOOKが今後の野望を語る。「プロレス以外のマーケットも掘り下げていく」

インタビュー

レジェンドレスラー、タズの息子で、2021年にデビューして以来無敗を続けているHOOK。

細身ながらパワフルなスープレックスを繰り出し、荒っぽい打撃も持っているスター候補は、ダンハウゼンとのコンビ「HOOKHausen」で世界中のファンをトリコにしています。かっこよさとコミカルさの融合。今後、このチームがどのように成長し、HOOKのキャリアにどのような影響を与えるのか、本当に楽しみです。

タイトル挑戦歴はまだありませんが、このまま無敗記録を継続していけば、いずれはAEW世界王座やTNT王座へ挑戦するチャンスを得る日が来るでしょう。GQのインタビューに応じた彼は、今後の野望について語りました。

AEW世界王座のチャンピオンになることが目標だ。そこを目指しているよ。ただ、プロレス以外の領域だと、デザインや芸術的な演出、演技、モデルなど、他ジャンルのマーケットにも出ていこうと思ってるんだ。

モデルなら今すぐにでも稼げそう!ポテンシャルは計り知れませんから、今後の彼がどのようにスターの道を歩んでいくのか、見守りたいと思います。

There's Nobody QT Marshall Can Bring In That Can Stop The Cold-Hearted HOOK | AEW Rampage, 2/11/22

GQ

あわせて読みたい

【WWE】サミ・ゼインが避けられない苦労「直前での計画変更」の大変さを語る。「クレイジーだけど、結局うまくいく」
WWEには多くのライターやプロデューサーが所属しており、ビンス・マクマホンやブルース・プリチャード(RAW&SmackDownのエグゼクティブ・ディレクター)のもとで試合やセグメントを考案しています。トップダウンの計画変更指示があることもし...
負傷者続出のAEW…。クリス・ジェリコがDynamiteを欠場した理由は何なのか?
あのレスラーが収録をボイコットした、あのレスラーがTwitterで大暴れ、あのレスラーがパイプボム。負傷、負傷、負傷。病気、病気、病気…。ここ1ヶ月のプロレス界は大荒れです。大手団体はどこもかしこも大変な状況になっています。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました