スポンサーリンク

【AEW】アンドラーデが新日本プロレス参戦の可能性に言及。「俺はダメだ。CMLLとAAAに感謝を」

ニュース

AEWには多くの有名レスラーが在籍しており、その中には日本とも縁の深いレスラーもたくさんいます。

アンドラーデもその一人。「ラ・ソンブラ」のリングネームでロス・インゴベルナブレスのメンバーとして新日本に参戦していた彼は、IWGPインターコンチネンタル王座の5代目チャンピオンです。先日はロスインゴの盟友ルーシュとの再会を果たし、今度は内藤哲也との再会が待たれます。

彼の姿をまた日本のリングで見たい。そう思っているファンは少なくないでしょう。しかし、それは実現不可能な夢物語。アンドラーデが語ったところによれば、それはメキシコの複雑なプロレス界が原因のようです。

俺は新日本とは働けないんだ。CMLLとAAAに感謝を。

CMLLとAAAはメキシコで競い合う大手団体。基本的に、ルチャドールたちはこの2団体の間を行き来することができません。ルチャ・ブラザーズのような超人気ルチャドールは例外的に両団体への参戦が許されるものの、あくまでも例外です。

CMLLは新日本と、AAAはAEWとの間に強固な関係を築いています。もしかしたら、アンドラーデの新日本参戦を妨げているのは、このライバル関係…?なのかと思いきや、AAAの裏方として働いている元WCWのコナンによれば、影響しているのはCMLL側の意向とのこと。AAAに参戦しているアンドラーデが彼らの世界に入り込んでくるのは、いくら元CMLLの人気ルチャドールだったとはいえ避けたいことなのでしょう。

「俺は新日本とは働けない」というのが、はたしてAEWと新日本の合同興行「Forbidden Door」にも影響するのでしょうか?もしそうであれば、彼と内藤の再会は実現しないことになりますが…。

Andrade El Idolo is All Elite. Hear What He Had to Say! | AEW Friday Night Dynamite, 6/4/21

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】サミ・ゼインが避けられない苦労「直前での計画変更」の大変さを語る。「クレイジーだけど、結局うまくいく」
WWEには多くのライターやプロデューサーが所属しており、ビンス・マクマホンやブルース・プリチャード(RAW&SmackDownのエグゼクティブ・ディレクター)のもとで試合やセグメントを考案しています。トップダウンの計画変更指示があることもし...
エディ・キングストンが「WWEではなくAEWとの契約を選んだ理由」を明かす。母にこう言われた…
AEWのトップレスラーの1人として活躍中のエディ・キングストン。 激しいスタイル、日本のプロレスへのリスペクトを随所に感じられるムーブセット、熱いマイク。好きになる要素しかない2002年デビューのベテランは、2020年にAEW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました