スポンサーリンク

元AEWリオ・ラッシュが古巣AEWへの思いを語る。「扉は閉じていない。わだかまりはないんだ」

インタビュー

2021年9月にAEWと契約し、ダンテ・マーティンと共闘していたリオ・ラッシュ。軽快な動きが武器のハイフライヤーはAEWに向いていると思われましたが、同年12月を最後にテレビ出演がなくなってしまい、2022年2月にフリーエージェントとなりました。

2022年1月、元AEWの黒人女性レスラー、ビッグ・スウォールがAEWにおける人種的な多様性のなさ、人種に関して無責任さを批判したことで一騒動起きました。その中で、リオはAEWに所属する黒人レスラーとしてトニー・カーン社長と話し合い、団体の方向性について意見を伝えたことを明かしています。

【AEW】退団したビッグ・スウォールとトニー・カーン社長が団体の構造を巡って衝突。リオ・ラッシュがトニーに怒り
2021年11月にAEWを退団した女性レスラーのビッグ・スウォールが、自身のPodcast番組で「AEWが抱える構造の問題」を指摘し、それにトニー・カーン社長が反論するという出来事がありました。 スウォールはAEW古参...
炎上した「AEWの多様性問題」、リオ・ラッシュがトニー・カーン社長と話し合う。「今回の問題は人種的な無神経さ」
2021年11月にAEWを退団したビッグ・スウォールがAEWの構造的問題を指摘し、その中の「人種・文化的多様性」への問題提起にトニー・カーン社長が反論して炎上した一件。 スウォールは「AEWには黒人文化をレペゼンする存...

その1ヶ月後、彼はAEWとの契約を更新することなく退団しましたが、AEWやトニーとの間にわだかまりはないようです。Podcast番組「Generation of Wrestling」にゲスト出演した彼は、「今後AEWやトニーと仕事をするか」と質問され、次のように答えました。

閉じられたものは何もないよ。断絶があるわけじゃないし。自分自身に忠実でありながら、与えられたチャンスを最大限に活かせたと思ってるし、それが何よりも大事なことなんだ。俺にとってはね。本当に大事なんだよ。アメリカ中をツアーする中で自分らしさを保てないなんて、そんなのは嫌だし、二重人格のような生き方はできないからさ。する気も起きないしね。給料のために気の進まないことをするよりも、もっと身近で、もっと意味のあることがあるし、そういうことをやっていきたい。

いつの日か、またトニーと仕事をする日は来ると思うよ。必然だと思う。新日本プロレスがAEWと一緒にやっていることを見てくれよ。俺がAEWから去った後も、わだかまりはない。状況が状況なだけに、退団せざるを得なかったんだ。俺の理解では、扉は閉ざされていない。向こうがどう感じているかはわからないけど、こっちも向こうの気持ちは考えてないよ。俺は俺として頑張ってるから。その時が来れば、また仕事することをあるんじゃないかな?まあ、そうならなければ、縁がなかったってことだね。

2022年1月開催のPWG「Battle of Los Angeles」で負傷してから試合に出ていないリオ。現在はフリーエージェントですが、新日本のアメリカ戦線には引き続き関わっていきそうです。怪我さえ治れば、AEWのリングに上がることもあるでしょう。

How did Lio Rush do in his Dynamite Debut? | AEW Dynamite, 11/10/21

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】新日本プロレスとの「Forbidden Door」不参加のアンドラーデ。元々はウィル・オスプレイとの対戦が計画されていた
現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。複雑な理由があり、AEWの3人のルチャドールたち…アンドラーデ、ペンタ・オスクロ、レイ・フェニックスは出場できません。 アンドラーデは...
【WWE】複数の団体関係者が「サーシャ・バンクスの解雇報道は正しい」と考えていると報じられる。後釜の用意は簡単と考えられているらしいが…
RAWの収録をボイコットして無期限謹慎処分となり、先日解雇報道が出たサーシャ・バンクス。 Wrestling Ingによるスクープの後、複数のDirt Sheetがこの件を確認しようとしたものの、はっきりとした情報は得...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました