スポンサーリンク

【WWE】ブロック・レスナーのSummerSlam参戦は元々計画されていなかった?その背景にランディ・オートン

ニュース

先日放送されたSmackDownで復帰したブロック・レスナー。現地7月30日に開催されるSummerSlamでローマン・レインズの持つ統一王座に挑戦することが決まりました。

レッスルマニア38でも対戦したばかりの2人。「またやるのか?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、WWEとしては苦渋の決断だったのかもしれません。

Fightfulによれば、レインズとレスナーがSummerSlamで対戦するのは元々計画されていたことではなく、レインズの対戦相手として考えられていたのはランディ・オートンだったのだそうです。しかし、彼は背中を痛めており、手術をして長期離脱に入る可能性がある状態です。

【WWE】ランディ・オートンに長期離脱の可能性。怪我の手術を受ければ下半期は活動不能か
あらゆる団体のトップスターが活動不能の状態になっている2022年6月のプロレス界。 WWEでは、トレーニング中に胸筋を断裂する怪我を負いながらもPPV「Hell in a Cell」でセス・ロリンズと対戦して勝利したコーディ・...

WWEは、オートンがSummerSlamに出場できないことがわかって時点でレスナーの復帰計画を立て始め、3週間前にそれがまとまったのだとか。

出場試合数を減らす新契約に合意したレインズとPPVで対戦するにふさわしい選手はそう多くありません。レスナーを引きずり出したのも仕方ない決断だったのでしょう。現在のWWEとレインズ級のスターとして売り出されているコーディ・ローデスは胸筋断裂により長期欠場中ですし…。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】新日本プロレスとの「Forbidden Door」不参加のアンドラーデ。元々はウィル・オスプレイとの対戦が計画されていた
現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。複雑な理由があり、AEWの3人のルチャドールたち…アンドラーデ、ペンタ・オスクロ、レイ・フェニックスは出場できません。 アンドラーデは...
WWE役員会がビンス・マクマホンを解雇できる「たった2つの条件」があると報じられる
WWEの最高責任者。プロレス界で最も強い影響力を持つ男。76歳のビンス・マクマホンは、最近スクープされた元従業員女性との不倫、そして口止め料300万ドルの支払いというスキャンダルによって窮地に立たされる可能性があるようです。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました