スポンサーリンク

【AEW】マット・ハーディーがウォードローのポテンシャルを大絶賛。「ザ・ロックやハルク・ホーガンになれるポテンシャルを持っているかも」

ニュース

MJFのボディガードとしてAEWに参戦し続け、ファンからの待望論が高まったところでMJFに反旗を翻し、ついにPPV「Double or Nothing」でMJFを破ってAEWとの本契約を手にしたウォードロー。

AEWの中では突出したマッチョボディを持ち、パワフルさだけではなく身軽なムーブも得意とし、そしてイケメン。スターの素質を十分に持っている彼は、TNT王座の獲得に焦点を合わせていくようです。MJFの影に隠れ、これまでタイトルショットを得ることがなかった彼のスターダムへの歩みが本格的に始まっていきます。

海千山千のベテランレスラー、マット・ハーディーは、現在34歳のウォードローを非常に高く評価する人物の1人です。Podcast番組「Drinks With Johnny」にゲスト出演した彼は、「今日のプロレスラーの中に、ザ・ロックやハルク・ホーガンのような、業界外にアピールすることのできる人材はいるのか」という話題の中で、ウォードローの名前を挙げました。

AEWの中で言うと、ウォードローはその可能性を持っているかもしれないね。彼はとても特別な存在だと思うからさ。イケメンで、女性人気が高くて、運動神経も抜群で、才能もある。そんなレスラーがいれば、みんながAEWを見る目も変わってくるし、団体の成長やより主流の存在になれるようなステータスを得られるようになると期待しているよ。

ここから次のPPV「ALL OUT」までにどれほど活躍できるかどうか。それがウォードローの今後を左右することになりそうです。

Did Wardlow Wins His 20-on-1 "Class Action" Handicap Eliminator? | AEW Dynamite: Road Rager, 6/15/22

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】複数の団体関係者が「サーシャ・バンクスの解雇報道は正しい」と考えていると報じられる。後釜の用意は簡単と考えられているらしいが…
RAWの収録をボイコットして無期限謹慎処分となり、先日解雇報道が出たサーシャ・バンクス。 Wrestling Ingによるスクープの後、複数のDirt Sheetがこの件を確認しようとしたものの、はっきりとした情報は得...
元AEWリオ・ラッシュが古巣AEWへの思いを語る。「扉は閉じていない。わだかまりはないんだ」
2021年9月にAEWと契約し、ダンテ・マーティンと共闘していたリオ・ラッシュ。軽快な動きが武器のハイフライヤーはAEWに向いていると思われましたが、同年12月を最後にテレビ出演がなくなってしまい、2022年2月にフリーエージェントとなりま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました