スポンサーリンク

ジム・ロスがビンス・マクマホンとトニー・カーンの共通点を語る。「人生をプロダクトに捧げている」

インタビュー

WWEとAEWの最高責任者として忙しい日々を過ごしているビンス・マクマホンとトニー・カーン。実績は桁違いですが、2人はファンから比較されることも多く、様々な観点で「評価」されています。

WWEを業界最大手の団体に成長させ、ファミリー層にとっておなじみの存在にまで高めたビンス。そして、AEWという新興団体を率い、コアなファン好みのロースターを揃えて彼らに自由度の高い活動を保証することでファンを熱狂させるトニー。手法は異なるものの、2人の間に共通点を見出す関係者もいます。

WWEで長年に渡ってアナウンサーとして活躍し、現在はAEWに所属するジム・ロスは、2人の共通点について次のように語っています。

トニー・カーンはワンマンで仕事を進めているからね。すべてのプロジェクトを管理しているし、途方もなく忙しいんだ。イギリスではサッカーチーム(フラムFC)の、アメリカではAEWの他にNFL(ジャクソンビル・ジャガーズ)の共同オーナーも務めているしな。

つまり、彼は自分の人生を歩んでいるとは言い難いのではないかと思う。彼の人生は、彼自身が管理するプロダクトそのものだと言える。その点ではビンスと似ているよね。ビンスはプロレス・ビジネスに生きること以外の人生を歩んでこなかったから。

プロダクトに捧げる人生。忙しすぎて他のことをやる時間はないかもしれませんが、それが生きがいなのでしょう。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが復帰間近?彼の復帰に合わせて様々なプランが変更されたと報じられる
2021年11月から長期欠場に入っているケニー・オメガ。 満身創痍の状態で活動を続けてきた彼は、スポーツヘルニアや極度のめまい、膝の負傷などを抱えています。欠場に入った当初は2022年春にも復帰できると見込まれていましたが、実...
【新日本プロレス】クラーク・コナーズが将来的なWWE移籍の可能性に言及
新日本プロレスのLA道場出身のクラーク・コナーズ。 彼は今年の夏に注目を集めたレスラーの1人です。AEWと新日本プロレスによる合同興行「Forbidden Door」で行われたAEWオールアトランティック王座の初代チャンピオン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました