スポンサーリンク

AEWが元NXT実況アナウンサーのマウロ・ラナーロと接触していたことがあると報じられる

ニュース

プロレスというジャンルに名実況アナウンサーの存在は欠かせません。

番組の盛り上げだけではなく、時に名勝負を生み出すことにも貢献する重要な仕事。アメリカのプロレス界におけるレジェンドはジム・ロスで、彼はWWEで長年にわたって活躍したのちAEWに移籍し、70歳の今も最前線で働いています。

名物アナウンサー、ジム・ロスがAEWとの契約延長に合意。「2024年で業界歴50年になるんだ」
WWEの名物アナウンサーとして長年にわたって活動した後、2019年からはAEWで活躍しているジム・ロス。70歳の彼は現在もテレビ番組やPPVで元気な声を聞かせてくれています。ミスもご愛嬌。 彼とAEWが結んだ契約の期間は3年だ...

「プロレスファンから高く評価されるアナウンサー」という観点では、近年で言うとマウロ・ラナーロの存在は欠かせません。

2010年台中盤から2020年にかけて、SmackDownや名勝負が次々と生まれていった時代のNXTで実況アナウンサーを務めていた彼の仕事ぶりは非常に高く評価されており、「またプロレス番組に戻ってきてほしい」と願っているファンは多いはず。現在、彼はボクシングやMMAといった格闘技の実況アナウンサーとして活躍しています。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWは彼のマネジメントを務める組織と接触したことがあるそうです。WWEを退団したのは2020年ですから、それから現在に当たるまでのどこかのタイミングで接触があったのでしょう。

彼の入団は実現しませんでしたが、もし彼がAEWのPPVで仕事をしていたら…よだれが出ちゃいますね。

Every Mauro Ranallo reaction video

あわせて読みたい

【AEW】ゴールドバーグがウォードローと比較されがちなことにコメント。「プロレスには真剣勝負の強さが必要だ」
2022年のAEWで最も格を上げたのはウォードローかもしれません。 MJFのボディガードしてAEWに初参戦したのは2019年。そのMJFの元を離れ、シングルプレイヤーとして独立していくストーリーはファンを熱狂させました。 ...
【新日本プロレス】クラーク・コナーズが将来的なWWE移籍の可能性に言及
新日本プロレスのLA道場出身のクラーク・コナーズ。 彼は今年の夏に注目を集めたレスラーの1人です。AEWと新日本プロレスによる合同興行「Forbidden Door」で行われたAEWオールアトランティック王座の初代チャンピオン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました