スポンサーリンク

【WWE】コーリー・グレイヴスが「ビンス・マクマホン引退による変化の喜び」を語る

インタビュー

ビンス・マクマホンが引退したことによるWWE内部の変化は様々な箇所で起きており、そのすべてをDirt Sheetが報じているわけではないでしょう。

先日報じられた変化として、ビンス体制下ではタブー視されていた「レスリング」「プロレスラー」という言葉がタブーではなくなり、スタッフたちはこの変化をポジティブなものとして受け入れている、というものがありました。HHH新体制では以前よりも規制が緩和され、選手たちは活動しやすくなるかもしれません。

RAWのコメンタリーチームで働いているコーリー・グレイヴスは、ビンス引退による変化について、次のように語っています。

コンテンツ上で起こることのすべてがサプライズである必要はない。みんなを魅了する方法は色々とあるからね。ただ、ここ数週間はびっくりすることがたくさん起きている(カリオン・クロスやダコタ・カイらの復帰)し、そういうのは大好きだよ。

ショーで起こっていることの手がかりを知らない状態の方が好きなんだ。リアクションできるし、ファンとして物事を見ることができるし、超詳しいプロレスファンとしての役割を果たすことにもなるしね。嫌味な悪いアナウンサーである自分以外の自分を出せるというか。

彼自身も最近のサプライズを楽しめているようです。HHHは今後もビンス体制下でチャンスを与えられずに解雇された選手たちを連れ戻すとされているので、サプライズも続くでしょう。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンに導かれて復帰したコーディ・ローデスはHHH新体制でどのような扱いを受けるのか?
2022年4月に古巣WWEへ電撃復帰したコーディ・ローデス。 2月に副社長を務めていたAEWでの活動を終了した彼は、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で古巣復帰に向けた交渉を続け、レッスルマニア38でWWEユニバースの...
【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルターに)に見切りをつけて干そうとしていたと報じられる
WWEのメインロースターで活躍するのは大変なことです。 クリエイティブの責任者だったビンス・マクマホンに気に入られなければ、仮に気に入られたとしても、彼の興味を持続させることができなければスポットライトを当てられることはありま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました