スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンに導かれて復帰したコーディ・ローデスはHHH新体制でどのような扱いを受けるのか?

ニュース

2022年4月に古巣WWEへ電撃復帰したコーディ・ローデス。

2月に副社長を務めていたAEWでの活動を終了した彼は、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で古巣復帰に向けた交渉を続け、レッスルマニア38でWWEユニバースの前に姿を現しました。

復帰後の彼はローマン・レインズに匹敵するスターとして売り出されていたものの、残念ながら胸筋断裂の怪我を負い、復帰は2023年になってからだとされています。その間に、彼を古巣復帰に導いたビンスは引退し、HHHがクリエイティブを引き継ぎました。

コーディとHHHといえば、AEW時代のコーディがHHHのことを再三挑発したことを思い出します。2人の関係がどのようになっていくかは誰にもわかりませんが、あまりにも特殊なキャリアを歩んでいるコーディのことをHHHが放っておくことはない……はず。

Podcast番組「Mat Men」のアンドリュー・ザリアンによれば、WWEは来年のレッスルマニア39に向けてコーディに関する複数の計画を用意しているとのこと。もしかしたらタイトルマッチに挑むこともあるかもしれません。

いずれにせよ、まずは復帰に向けた回復が最優先。新体制でのコーディの輝きに注目したいです。

Cody Rhodes’ must-see moments: WWE Top 10, April 7, 2022

WhatCulture

あわせて読みたい

AEWの初期メンバーたちの契約はいつまで続くのか?ケニー・オメガは例外的
2019年に設立されたAEWは、多くの初期メンバーと3年契約を結びました。 契約には2年の契約オプションが含まれており、双方が合意すれば契約期間を2年延長することができます。 ヤング・バックスやハングマン・ペイジは202...
【WWE】AJスタイルズがビンス・マクマホン引退&HHH新体制への期待を語る。「ビンスのために働かない時が来るなんて」
性的非行 & 不倫隠蔽スキャンダルをスクープされて引退したビンス・マクマホン。現在もWWE役員会による調査は続いています。 ビンスがWWEのすべての役割から引退し、大株主としてのみ団体と関わるようになったことで、団体に...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました