スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコ「ヒールターンした時に入場曲に手を入れようと思ったが、トニー・カーン社長が反対した」

インタビュー

AEWの重鎮クリス・ジェリコ。入場曲は自身がフロントマンを勤めるバンドFozzyの「Judas」で、2017年にWWEから退団した後はこの曲を使い続けています。

AEWのファンがシンガロングするほどの大人気入場曲になったJudas。クリス・ジェリコという存在の大きさはAEWにとって非常に重要で、この入場曲はDynamiteやPPVに欠かせません。

しかしう、ジェリコは自身のヒールユニットジェリコ感謝協会を立ち上げるにあたって、入場曲に手を加えようとしたそうです。スワーブ・ストリックランドのPodcast番組に出演した彼は、当時のことを次のように振り返りました。

俺がジェリコ感謝協会を立ち上げるにあたって、(Fozzyのギタリストを務める)リッチ・ウォードがJudasのリミックスを思いついたんだ。いまのシンガロング的なものとは違う感じでね。ただ、トニー・カーン社長がそれを許さなかった。オリジナルのまま使い続けたいって思ったんだよ。

Judasの大合唱はファンが生み出したものなんだよ。だから、クリス・ジェリコがワルモノになるからといって、腹を立ててショーのトレードマークになっている要素を取り除くか?って話だな。

鈴木みのるの「風になれ」も同じようなものですね。ヒールだからといって、ファンとのつながりを排除するようなことはしない、という。

Jericho v Kingston in a Barbed Wire Everywhere Death Match | AEW Dynamite: Fyter Fest Wk 2, 7/20/22

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】オージー・オープン「ウィル・オスプレイがケニー・オメガを引っ叩くためのチャンスを作りたい」
AEW世界トリオ王座の初代チャンピトンを決めるトーナメントが開催中のAEW。 新日本プロレスからは、ウィル・オスプレイ&オージー・オープン(カイル・フレッチャー&マーク・デイビス)がエントリー。同じブロックにケニー・オメガ&ヤ...
【WWE】NXT UKロースターの大量解雇。彼らは「変化は知っていたが、重大さには気付いていなかった」
先日、WWEはNXTブランドの新展開として2023年にNXTヨーロッパを始動することを発表しました。 これにより、既存ブランドのNXT UKは2022年9月から活動を停止。多くのロースターが解雇されてしまいました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました