スポンサーリンク

【WWE】エッジが2023年での現役引退を示唆。「来年、ここでお互いにさよならをしよう」

ニュース

首の怪我を原因に2011年に現役を引退したエッジ。彼が再びWWEとしてリングに上がるまでに9年もの月日を要しました。

2020年のRoyal Rumbleでサプライズ復帰した彼は、長いブランクを感じさせない活躍を披露し続けています。カナダ・トロントで開催されたRAWの最新回ではメインイベントでダミアン・プリーストと対戦して勝利。放送後、彼は地元カナダの観客たちへ、マイクでこんな言葉を残しました。

今から30年前の1992年7月1日、俺は本名のアダム・コープランドとして初めてプロレスのリングに上がった。いつの日か、こうしてみなさんの前に立つことはもちろん分かってたよ。

9年も引退していたのに、こうしてリングに上がるために全身全霊で戦った。復帰できるなんて、夢にも思わなかったよ。みんなのために戦ったんだ。俺もみんなも、お互いに作用し合っている。

俺は、最高のレスラーの1人で、プロレス界の将来を担うダミアン・プリーストという男と試合をしたばかりだ。もっとやりたい。できればもう一度トロントに戻ってきたいよ。

カレンダーを見ると、WWEは毎年8月にトロントに来てるんだよね。来年の8月、俺はみんなに会いに来るつもりだ。その夜、完璧な世界で、お互いにさよならを言おう。

お別れを示唆する発言。今後1年間のエッジから目が離せません。

Edge vs. Damian Priest: Raw, Aug. 22, 2022

Fightful

あわせて読みたい

カール・アンダーソン&ドク・ギャローズがフリーエージェントになるのは8月末?
インパクト・レスリングとの2年契約が2022年7月に満了したと報じられていたThe Good Brothersのカール・アンダーソンとドク・ギャローズ。 古巣新日本プロレスにたびたび参戦している2人の今後がどうなるのか、新天地...
ジョニー・ガルガノがWWE復帰。選手たちには秘密にされていたと報じられる
RAW最新回でジョニー・ガルガノが約9ヶ月ぶりにWWEへ復帰しました。 2021年12月をもってWWEとの契約を満了し、退団したガルガノ。2022年2月に妻キャンディス・レラエとの間に生まれた子どもとの時間を優先してレスラーと...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました