スポンサーリンク

【WWE】HHHがジョナ(ブロンソン・リード)のWWE復帰を狙っている?

ニュース

新日本プロレスのG1 CLIMAXに参戦し、オカダ・カズチカと名勝負を演じたジョナ。

2021年にWWEから解雇された彼はインディシーン復帰後に新日本のアメリカ戦線とインパクト・レスリングで活動しています。彼としては新日本での活動に重きを置き、それがG1出場にもつながったわけですが、彼が今後も新日本で活動するかどうかはわからないようです。

Podcast番組「Mat Men」のアンドリュー・ザリアンによれば、WWEのHHHがジョナの復帰を狙っているとのこと。HHH時代のNXTで、ジョナは「ブロンソン・リード」のリングネームで活躍し、一定の結果も残していました。

ビンス・マクマホン引退によりクリエイティブの責任者に就任したHHHはビンス体制で解雇された選手たちを連れ戻すことにかなり前向きで、ダコタ・カイやデクスター・ルミス、カリオン・クロス&スカーレット、そしてジョニー・ガルガノが復帰しました。ジョナもこの流れに乗るのでしょうか?

こういう形で日本のプロレス界にもビンス引退の影響が出るのは想像していましたが、G1に出たばかりのジョナにもこういう噂が流れるとは…。

Bronson Reed vs. Isaiah “Swerve” Scott – NXT North American Title Match: WWE NXT, June 29, 2021

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】HHH新体制のバックステージが希望と誇りに満ちていると報じられる。ビンス・マクマホン時代の不安定な感覚は消えた
ビンス・マクマホンはWWEを大成功に導いた偉大なリーダーですが、団体運営の方法には批判もありました。 彼は頻繁にクリエイティブの決定を覆したため、バックステージに安定はありませんでした。番組本番直前に台本が書き換えられれば選手...
AEWがDynamite最新回に先駆けて強制参加のタレントミーティングを開催。ここ最近の不穏な噂が議題となるか
HHH新体制のWWEがポジティブな話題に満ちている一方、AEWには不穏な話題が増えてきています。 一部レスラーによるブッキングへの不満、トニー・カーンと一部レスラーとのコミュニケーション不足が原因の不和、契約に関するネガティブ...

 

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました