スポンサーリンク

AEWがDynamite最新回に先駆けて強制参加のタレントミーティングを開催。ここ最近の不穏な噂が議題となるか

ニュース

HHH新体制のWWEがポジティブな話題に満ちている一方、AEWには不穏な話題が増えてきています。

一部レスラーによるブッキングへの不満、トニー・カーンと一部レスラーとのコミュニケーション不足が原因の不和、契約に関するネガティブな報道、CMパンクについての一連の報道…。新日本プロレスとの合同興行「Forbidden Door」開催後はこうした話題が増えています。

【AEW】アンドラーデとミロがブッキングに不満?ファンの「WWE時代の方が良かった」というツイートに「いいね!」
WWEで機会に恵まれなかった実力者がAEWへ移籍する。2020年以降珍しくなくなったこの光景は、すべてのレスラーを幸せにしているわけではありません。 アンドラーデ、ミロ、PAC、マラカイ・ブラックといったレスラーたちはAEWで...
【AEW】CMパンクをめぐって団体内にさまざまな感情が入り乱れていると報じられる。ハングマン・ペイジとの軋轢や退団の噂も
AEW世界王座チャンピオンのCMパンクをめぐって、AEW内部でいろんなことが起きているようです。 次回のDynamiteでジョン・モクスリーとの真のAEW世界王座チャンピオンを決める一戦に挑むことになったパンクは、今週のDyn...
【AEW】マルコ・スタントが契約末期の辛い状況を振り返る。「社長にメッセージを送っても返事が来ないんだ」
2019年に設立されたAEWは、初期メンバーたちと3年の複数年契約を結ぶケースがほとんどでした。 そのため、2022年は彼らが揃って契約切れを迎える一年となり、何人かのレスラーがインディシーンに戻ることに。元ジュラシック・エク...

こうした状況を踏まえてなのか、AEWはDynamite最新回の放送に先駆けて強制参加のタレントミーティングを開催することになったそうです。Fightfulは、上記のような話題が取り上げられると予想しています。また、一部のレスラーがDirt Sheetに情報をリークしていることについても議題となるだろう、とのこと。

【AEW】トニー・カーン社長がDirt Sheetに団体内の情報ダダ漏れの現状に苦言。「恥ずかしいよ」
海外プロレスを構成する要素の1つにDirt Sheetがあります。 プロレス界の裏側を報じたり、選手や関係者たちにインタビューして情報を聞き出したりするウェブメディアです。日本のプロレスメディアとは毛色が異なり、Dirt Sh...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWのバックステージでは「ドラマが山ほど起きている」そうで、「多くのトップレスラーが関与し、ここ数週間で悪化の一途をたどっている」といいます。ミーティングは問題解決の糸口となるでしょうか?

(Wrestling Observer, Fightful)

あわせて読みたい

インディ団体オーナーが「ノー・ウェイ・ホセに金を盗まれた」と主張し、ホセが返金
2020年にWWEから解雇されたノー・ウェイ・ホセ。 メインロースターとしては活躍の機会が与えられなかった彼は、インディシーンに戻ってからこれまでに14試合に出場。インパクト・レスリングを拠点としていた時期もありますが、頻繁に...
【WWE】HHH新体制のバックステージが希望と誇りに満ちていると報じられる。ビンス・マクマホン時代の不安定な感覚は消えた
ビンス・マクマホンはWWEを大成功に導いた偉大なリーダーですが、団体運営の方法には批判もありました。 彼は頻繁にクリエイティブの決定を覆したため、バックステージに安定はありませんでした。番組本番直前に台本が書き換えられれば選手...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました