スポンサーリンク

【WWE】HHH新体制のバックステージが希望と誇りに満ちていると報じられる。ビンス・マクマホン時代の不安定な感覚は消えた

ニュース

ビンス・マクマホンはWWEを大成功に導いた偉大なリーダーですが、団体運営の方法には批判もありました。

彼は頻繁にクリエイティブの決定を覆したため、バックステージに安定はありませんでした。番組本番直前に台本が書き換えられれば選手はそれに対応しなければならず、プッシュの予定が中止になることもしばしばでした。

しかし、ビンスが引退し、HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、バックステージの雰囲気が変わったようです。

PWInsiderによれば、ビンスのバックステージに蔓延していた「卵の殻の上を歩くような感覚」はもはや過去のものとなり、団体で働く人々の間には新たな希望と誇りが生まれたとのこと。

特にクリエイティブ部門には大きな変化があったようで、高圧的な態度をとることもしばしばだったビンスが去った今、制作チームやアナウンスチームに怒鳴りつける人物はいなくなったと報じられています。

「ここで働くのは楽しい」と思う人も増え、すべての部署がHHH体制に非常に満足しているようです。リーダーが変わるとここまで変わるか…。

Triple H leaves his boots in the ring: WrestleMania 38 (WWE Network Exclusive)

(PWInsider)

あわせて読みたい

【AEW】「Dynamiteの放送時間が1時間に短縮されるのではないか」という噂が否定される
悪い噂が流れる時はドッと流れるものです。最近のAEWはネガティブな話題が多く、HHHがクリエイティブの責任者に就任したWWEにはポジティブな話題が目立ちます。 プロレス団体にとって、テレビ局と良好な関係を築くのは何よりも大切な...
【WWE】急遽復帰が決まったカリオン・クロスとスカーレット。元々予定されていたインディシーンでのブッキングはどうなる?
HHHがクリエイティブの責任者に就任した後、WWEは数名の選手をインディシーンから連れ戻しました。 ダコタ・カイやHit Row、そしてカリオン・クロス & スカーレットといったビンス・マクマホン時代になかなかチャンス...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました