スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長がCMパンクとコルト・カバナの関係に言及。「誤解が広まった。パンクはカバナの配置転換に関係ない」

ニュース

2020年にAEWと契約したコルト・カバナ。今後はROHでの活動が期待されています。

2021年8月にAEWでプロレス界に復帰したCMパンクとカバナは業界内でも有名な親友でしたが、2010年代後半に関係が大きくこじれ、完全に決裂してしまいました。

パンクの入団後、彼の存在がカバナのステータスに影響を与えるのではないかという懸念がファンの間にあり、2022年に入ってからカバナの出番が激減し、ROHに配置転換されたことがパンクの影響だと考えるファンは決して少なくありません。

トニー・カーン社長は、この疑惑が完全な誤解であることを宣言しました。Forbes誌によるインタビューの中で、彼は次のように語っています。

それは違うよ、と思ってしまう見解があるようだ。(2022年3月に)俺がROHを買収した時、いくつかの契約が満了のタイミングを迎えていたことは事実だよ。俺は動き出そうとしていた時期で、ほとんどの契約は更新されたけど、そうじゃないレスラーもいたし、配置転換された人もいた。不当に広まっている誤解もあったね。CMパンクが俺にやってほしいことがあった……それは、カバナの契約切れのタイミングでROHに配置転換してほしい、というものだ。

俺はここではっきりさせたい。はっきりと。パンクは俺の決断に何の関係もない。俺の判断だから。特にカバナのものについてはね。違う仕事をしてもらうために似たような契約を結んだんだ。

トニーがはっきりと宣言したことが疑惑を持つファンの気持ちにどう影響するかは分かりません。ただ、これまでまったく言及されてこなかった2人の関係や疑惑についてようやく公式な発言があったことは大きな一歩です。

COLT CABANA HAS ARRIVED TO AEW | AEW DYNAMITE

Forbes

あわせて読みたい

【AEW】団体に不満と噂のミロ&マラカイ・ブラックのステータスはどうなっているのか?
HHHがクリエイティブの責任者に就任した後、WWEは過去に退団したレスラーたちを何人も復帰させています。 ブラウン・ストローマンの復帰も確実視され、8月末でAEWから退団したボビー・フィッシュも復帰の可能性が十分に考えられます...
最近WWEへの復帰の噂が報じられた元スーパースターがRAWで復帰へ
ビンス・マクマホンがWWEを率いていた頃に解雇された選手が、HHH新体制になってから復帰するケースが多くなっています。 カリオン・クロスやジョニー・ガルガノといったNXTで結果を残した選手たちがHHHに導かれる形でメインロース...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました