スポンサーリンク

コーディ・ローデスがWWE復帰後の扱いを語る。「何の不満もない」

インタビュー

2022年4月にWWEへ復帰したコーディ・ローデス。

退団から6年。ROHや新日本プロレス、そして自らが設立に深く関与したAEWでレスラーとしての格を高め、レッスルマニアのサプライズ要因として古巣に帰ってきました。セス・ロリンズとの抗争は盛り上がっていましたが、胸筋断裂の大怪我で戦線離脱。今も復帰時期は未定です。

TMZのインタビューに応じた彼は、復帰後にWWEから受けている扱いについて語りました。

まず、扱いには「何の不満もない」とのこと。手厚く扱ってくれることに満足しているようです。

素晴らしいよ。戻ってきて、すべてが高速で回転していたのに、胸筋を負傷してしまった。

負傷があったとはいえ、WWEにもさとって非常に貴重な存在であることに変わりありません。あえて復帰時期についての情報を知らされていない彼ですが、ビンス・マクマホン体制からHHH体制に変わったWWEでもプッシュされることでしょう。

Cody Rhodes returns to WWE: WrestleMania 38 (WWE Network Exclusive)

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】カール・アンダーソンがタマ・トンガ&棚橋弘至とのシングルマッチを語る。「ファッキンクールだ」
2022年に新日本プロレスへ復帰したカール・アンダーソン。 初期Bullet Clubを支えた重要人物の彼は、復帰によってBullet Clubに新しい風を吹かせました。かつての仲間だったタマ・トンガを襲撃し、彼からNEVER...
【AEW】クリス・ジェリコが最近のバックステージでの騒動にコメント。「よくあることなんだ」
AEWのバックステージでいくつかの問題が起きていることは当サイトでも繰り返し扱ってきました。 最近の例では、CMパンクをめぐる騒動、HHH体制になったWWEからのロースターへの接触、サンダー・ロサのヒートがそれにあたります。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました