スポンサーリンク

デイブ・メルツァーがCMパンクとヤング・バックスらの喧嘩に責任を感じていることを明かす。「罪悪感がある」

ニュース

AEWのバックステージで起きた大喧嘩は、関与したレスラーたちに出場停止処分が下される騒動に発展しました。

PPV「ALL OUT」終了後の記者会見に出席したCMパンクは、トニー・カーン社長の隣で元親友のコルト・カバナや副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)を痛烈に批判。その後、パンクと副社長組はバックステージで大喧嘩を演じました。

パンクが副社長たちに不満を持っていた理由は、Dirt Sheetが彼に関する噂を報じても団体が守ってくれなかったから。PPVのメインイベンターを守らないのはどういうことなのか、という憤りがありました。

プロレス界の裏側や裏話、関係者へのインタビューを報じるDirt Sheetというジャンルのメディアは複数存在しますが、その代表格はレスリング・オブザーバー。設立者のデイブ・メルツァーはDirt Sheetの象徴的存在で、オブザーバーのネット番組には大物レスラーがゲスト出演することも珍しくありません。

そんなメルツァーは、パンクらの大喧嘩に責任を感じているそうです。同じくDirt Sheetの1つであるWrestling Incのインタビューに応じた彼は、喧嘩について次のように語りました。

俺はパンクのことをよく知っているから…記事を読んだ時、すぐに「なあ、こんなことは起きてないよ。俺に言えるのは、これは事実じゃないということ。近いことすら起きていない」と発信するべきだったんだと思う。でも、そうしなかった。

もちろん、したからといって何かを止められたかもしれない、とまでは言わない。結局はああなっていただろうし。ただ、この点については罪悪感があるんだ。

Living Colour "Cult Of Personality" CM Punk AEW Entrance Theme | AEW Music

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコが「火の玉を飛ばすセグメントのためにマジシャンのライセンスを取得した」ことを明かす
2022年のクリス・ジェリコは敵対する相手にファイアーボールを飛ばすウィザードの一面を見せています。新日本プロレスの海野翔太も、AEWと新日本の合同興行「Forbidden Door」でジェリコに顔を焼かれるという名誉を受けました。 ...
【AEW】スティングがグレート・ムタの引退興行参戦への思いを語る。「名誉なこと。ダービー・アリンを連れて行きたい」
WCW時代のライバルが、グレート・ムタの最期に花を添えます。 2023年1月に横浜アリーナで開催されるムタの引退興行「Bye Bye」には、かつてのライバルだったスティングが参戦します。先日放送されたAEWのウィークリー番組「...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました