スポンサーリンク

【WWE】現場のスタッフとビンス・マクマホンの間には会話がほとんどない?引退後のビンスはどのように過ごしているのか

ニュース

2022年7月にWWEから引退したビンス・マクマホン。

現場での彼の影響力は完全に消え去り、共同CEOのステファニー・マクマホン&ニック・カーン、そして現場の責任者を務めるHHHが団体の指揮をとっています。しかし、ビンスが完全にWWEから去ったわけではなく、彼は大株主という立場で今も団体に関与しています。

とはいえ、現場との関係はやはり以前とは異なります。Fightfulによれば、ビンスと現場の間にはやりとりがほとんどないとのこと。今、誰もが認めるワーカホリックだった彼は何に時間を使っているのでしょうか?

引退後のビンスは雲隠れしたわけではなく、8月にはザ・ロックやジョン・シナが参加した誕生会が開催され、その他にもレジャーやレクリエーションを満喫しているようです。

「世界最大のプロレス団体の運営」という大仕事から離れた今も、忙しい日々を過ごしているのは変わらないようです。

Mr. McMahon addresses the WWE Universe: SmackDown, June 17, 2022

(Wrestling Inc, Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】HHHがマット・カルドナ&チェルシー・グリーンの再獲得に興味を持っていると報じられる
多くの元WWEスーパースターを呼び戻しているHHH。 ビンス・マクマホン時代に評価を得られなかったものの、HHHは独自に評価しているというケースは少なくありません。ブレイ・ワイアットのように、ビンスとの間に個人的な問題を抱えて...
【WWE】ビアンカ・ブレアがキャリアの目標を語る。「プロレスの外側でも注目を集めたい」
人気スーパースターの1人に成長したビアンカ・ブレア。 彼女のパフォーマンスは上々で、ファンだけではなく業界内部でも高い評価を得ています。2022年初頭には、ヒュー・ジャックマンやジェシカ・アルバといったハリウッドの顧客を抱える...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました