スポンサーリンク

【AEW】CMパンクは「コルト・カバナの出番減少に関与していない」と主張。しかし、団体内では「そんなわけない」という意見も

ニュース

2021年にCMパンクがAEWへ入団した後、コルト・カバナの立場は危うくなりました。

かつては親友同士だった2人ですが、ある出来事をきっかけに関係が悪化。現在はパンク側がカバナとの会話に拒絶反応を示しているようで、2人の関係修復はかなり難しい状態です。

2020年にAEWへ入団したカバナは一定の役割を得ていたものの、パンクの入団後は出番が減少し、現在はROHのロースターとして働いています。こうした状況になってしまった原因として、「パンクが関与しているのではないか」と考えるファンや業界関係者は少なくありません。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、パンクは「カバナの出番減少とはなんの関係もない」と主張しているとのこと。しかし、AEWロースターの大半は反対の意見を持っており、パンクの影響を強く疑っているそうです。

ヤング・バックス&ケニー・オメガと大喧嘩したパンクが出場停止処分を受けた後、カバナがDynamiteでクリス・ジェリコの持つROH世界王座に挑戦しました。これはトニー・カーン社長のアイデアだったそうですが、メルツァーによれば、この試合のせいで2人の問題はより悪化してしまったそうです。よっぽどのことがない限り、2人の関係にポジティブな変化はないかもしれませんね。

CM Punk Has Arrived in AEW! | AEW Rampage: The First Dance, 8/20/21

(Wrestling Observer, WrestlePurists)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がCMパンクを語る。「テレビ画面上の貢献はポジティブなものばかり」
PPV「ALL OUT」終了後にヤング・バックス&ケニー・オメガと大喧嘩し、対談が有力視されているCMパンク。 2021年のプロレス界復帰以降、彼の存在は常に話題の中心でした。しかし、その貢献度は人によって意見が分かれ、クリス...
【新日本プロレス】WWEがジョナ(ブロンソン・リード)へ復帰オファーを出したと報じられる
2021年にWWEを退団した後、新日本プロレスなどの団体で活躍しているジョナ。 WWE時代のリングネーム「ブロンソン・リード」としては、NXT北米王座を獲得するなどの活躍を見せていました。 本人もメインロースター昇格が間...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました