スポンサーリンク

AEWの音楽プロデューサーが「音楽部門『AEW Music』が果たす役割と目標」を語る

ニュース

プロレスと音楽の関わりは非常に深く、ショーの盛り上げやレスラーのキャラクターと音楽は密接な関係があります。

先日は新日本プロレスが音楽フェス「シンニチイズム」を開催し、同じミニの入場曲が演奏されました。音楽事業をどのように進めていくのか、というのは、プロレス団体にとって大事な考えの一つです。

AEWには音楽部門「AEW Music」が存在し、ライリー・ラッカスが音楽プロデューサーとして部門を率いています。2022年夏にはEP「AEW Symphony: Series I」が配信され、ブライアン・ダニエルソンやケニー・オメガの入場曲の別バージョンが公開されました。12月1日にはSymphonyシリーズの第二弾が配信され、ジェイド・カーギルらの入場曲が題材になるようです。

ラッカスは、AEW Musicの目標について、次のように語っています。

設立初日から、AEW Musicの目標は「テレビの内側でも外側でも、キャラクターやストーリーを引き立てるオーディオライブラリーを確立すること」なんだ。AEW Symphonyシリーズは、ファンやリスナーを旅に連れていくためのもの。キャラクターに焦点を当てた、毎週60秒の旅にね。

"I Fell" Darby Allin AEW Entrance Theme (V2 Wall) | AEW Music

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ VS ケニー・オメガ実現の立役者はロッキー・ロメロ
2023年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム17」でウィル・オスプレイとケニー・オメガのドリームマッチが実現します。 2人の間には長年に渡るストーリーがありますが、それを抜きにしてもプロレス界最大のマ...
ブライアン・ダニエルソンが今後のキャリアを語る。「今の契約が終わったら、フルタイムは終わり」
21世紀のプロレス界を代表するトップレスラーのブライアン・ダニエルソン。 インディシーンで数々の伝説を残し、WWEでも一大ムーブメントを巻き起こし、AEWでもしっかりと活躍している。彼のキャリアは殿堂入りにふさわしく、今後も活...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました