スポンサーリンク

マット・ハーディー「ハーディー・ボーイズのラストマッチはエッジ&クリスチャン組とやりたい」

インタビュー

プロレス界には数多の名タッグリーグが存在しますが、21世紀のプロレス界においてハーディー・ボーイズ(マット&ジェフ・ハーディー)の存在は欠かせません。

彼らはテーブルやラダー、椅子を用いた特殊ルールのタッグマッチの発展に大きく貢献しました。1999年の「No Mercy」ではエッジ&クリスチャン組とラダーマッチで対戦し、見事勝利。今日に至るまで、この試合は名勝負として語り継がれています。

4人の間には特別な絆があります。マットは、自身のPodcast番組の中で、ハーディー・ボーイズのラストマッチはエッジ&クリスチャン組とやりたい、という願いを語りました。

俺たちのライバル関係はアイコニックだからね。4人にとってのラストマッチとしてはかなり素晴らしい方法なんじゃないかと思ってるよ。

ハーディー・ボーイズとクリスチャンはAEWに、エッジはWWEに所属しているため、このドリームマッチの実現は難しい状態です。

しかし、エッジとクリスチャンが現役復帰できたことが既に奇跡のようなものですから、試合実現も夢ではなくなるかもしれません。

The Hardy Boyz & Edge & Christian show respect for each other after No Mercy: Raw, October 18, 1999

Wrestling Inc

あわせて読みたい

ウィリアム・リーガル卿とAEWの契約が事実上終了。WWE関係者は復帰を前提に動いていると報じられる
AEWでユニット「Blackpool Combat Club」の結成に一役買い、定期的にテレビ番組へ出演してきたウィリアム・リーガル卿。 PPV「Full Gear」以降のストーリーが彼をAEWから追い出す、彼がAEWから退団...
【WWE】サミ・ゼインがBloodlineとの仕事を語る。「アイデアを実現するまでに半年かかった。本当にやりがいがある」
ローマン・レインズとウーソズによるユニット「Bloodline」とのストーリーが進行中のサミ・ゼイン。 彼は、Bloodlineとの絡みによってコメディリリーフとしての才能が再評価されることになりました。WWE内部では、彼とケ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました