スポンサーリンク

【WWE】ローマン・レインズが二夜連続開催のレッスルマニア39で両日のメインイベンターを務めるかも?対戦相手は大物!

ニュース

近年のレッスルマニアは2夜開催のスケジュールで開催されています。

2023年のレッスルマニア39は4月1・2日に開催され、当日に向けた計画はすでに進行中。参加者を巡る報道もちらほら出てくるようになりました。

【WWE】ジョン・シナがレッスルマニア39に出場できるかどうかは「映画撮影のスケジュール次第」?
WWE出身の映画スタートして活躍中のジョン・シナ。 俳優業で多忙な日々を送っている彼にとって、プロレスラーへの復帰はどうしてもスケジュール次第になってしまいます。2023年のレッスルマニア39には出場できるのでしょうか? ...
【WWE】レッスルマニア39でCMパンクとスティーブ・オースチンが対戦する可能性はある?
WWEが春に開催する「レッスルマニア」はプロレス界最大のお祭り。毎年のように嬉しいサプライズがあり、世界中のファンを喜ばせています。 2022年のレッスルマニア38では、レジェンドレスラーのストーン・コールド・スティーブ・オー...

その中でも、ローマン・レインズがザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)と対戦する、という噂が今年も流れており、 WWE内部では実際に議論も行われているようです。もしロック様がレッスルマニア39に出場することになれば、1月のPPV「Royal Rumble」の男子ロイヤル・ランブル・マッチにも出場する可能性があります。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、レッスルマニア39の主役はやはりローマン・レインズになりそうです。彼の出場計画の中では、2夜連続でメインイベンターを務めること、対戦相手はコーディ・ローデスとロック様になることが議論されているとのこと。

ただし、これはあくまで議論の1つであり、メルツァーは「最善の策は、これを実現しないことだ」と指摘しています。確かに、メインイベンターを務めることによる身体的な負担は大きいですし、ロック様とのドリームマッチ実現だけでも精神的な負担は大きいはずなのに、さらにコーディとの対戦まで加わると心身ともに負担がかかり過ぎてしまいます。

Roman Reigns wins Superstar of the Year: On this day in 2014

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

サーシャ・バンクスの新日本プロレス「レッスルキングダム17」参戦報道でAEWロースターが興奮していると報じられる
今朝のトップニュースは、 WWEスーパースターとして輝かしい実績を誇る女性スーパースター、サーシャ・バンクスが2023年1月の新日本プロレス「レッスルキングダム17」に参戦する見込みだ、という報道でした。 彼女がどのような形で...
【WWE】CMパンク復帰の噂について、現役選手は…「正直、どう感じればいいのかわからない」
AEWのバックステージで問題を起こし、退団が有力視されているCMパンク。 彼自身はAEWに未練がないようで、新しいプロジェクトに向けた準備中なのだとか。とはいえ、長引くであろう怪我からの回復を待つ必要があり、プロレスラーとして...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました