スポンサーリンク

【WWE】ウィリアム・リーガル卿は副社長として復帰すると報じられる

ニュース

AEWとの契約を終了し、WWEへ復帰するウィリアム・リーガル。

息子のチャーリー・デンプシーがWWEに在籍していることもあり、彼は息子との仕事を優先したいという考えを持っているようです。AEWトニー・カーン社長は、10月にリーガル卿から退団の意思を伝えられ、そこにけたストーリーを構築しました。

コーチとして戻るのだろうと考えられていたものの、レスリング・オブザーバーによれば、リーガル卿は副社長として復帰するようです。2022年1月にWWEから解雇されるまでの彼の役職は「人材開発ディレクター兼国際リクルーティング責任者」でした。

彼と同じタイミングでWWEから解雇され、一足先に復帰していたロード・ドッグはライブイベント部門の責任者を務めているので、彼もどこかの部門を任されるのかもしれません。

MJF’s Reign of Terror Has Just Begun | AEW Dynamite, 11/30/22

Wrestling Observer

あわせて読みたい

【WWE】新日本プロレス参戦濃厚のサーシャ・バンクス。WWEには復帰しない?
2023年に行われる新日本プロレス「レッスルキングダム17」への出場が有力視されているサーシャ・バンクス。 どのような役割での参戦になるかはわかりませんが、両者は出場に向けた契約にほぼ合意しているとのこと。どういったタイミング...
フリップ・ゴードンがWWEやAEWとの契約の可能性に言及。「金払いが良くて素晴らしい団体がいくつもある」
2018年から2020年まで新日本プロレスにも参戦していたハイフライヤーのフリップ・ゴードン。 彼はもともとROHに所属していたレスラーで、ヤング・バックスのYouTube番組「Being The Elite」にもレギュラー格...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました