スポンサーリンク

【AEW】インディプロレスの祭典Battle Of Los Angelesに出場したバンディードとダニエル・ガルシアに何が起きた?

ニュース

インディプロレス界で最もイケてるレスラーを決定する至高のトーナメント、PWG主催「Battle Of Los Angeles」。

2023年大会は現地1月7・8日に開催され、”スピードボール”マイク・ベイリーが決勝戦で竹下幸之介を破って優勝しました。

2日目のセミにジェリコ感謝協会(クリス・ジェリコ、アンジェロ・パーカー、マット・メナード、サミー・ゲバラ、ダニエル・ガルシア)が登場したこともあって今年も大盛り上がりだったようですが、大会に参加した2人のAEW所属レスラー、バンディードとダニエル・ガルシアにについてのニュースが報じられています。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、初日のメインイベントでブラック・トーラス&エル・イホ・デル・ビキンゴとのトリプルスレットマッチに出場して勝利したバンディードは試合中に負傷してしまったとのこと。

試合当日はなんともなかったそうですが、翌日起床すると首の痛みを覚えたのだとか。かなりの痛みが残る状態で2日目のコマンダー戦に挑んだ彼は試合に敗れました。首の負傷が活動に影響するものなのかどうかは不明です。

また、初日のトーナメント1回戦でタイタス・アレキサンダーに反則負けを喫したダニエル・ガルシアについてのニュースは、そのブッキングについて。

メルツァーによれば、AEW側から「ガルシアの敗北」が許可されたため、クリーンではないものの彼は負けることになったのだとか。

普通に戦えば優勝候補だった彼ですが、2人目のセミにジェリコ感謝協会が登場し、彼自身もメンバーとして戦ったことを考えれば、彼は負けるべくして負けたのだ、とも考えられます。

Daniel Garcia Slays Bryan Danielson for a Massive Upset | AEW Fight for the Fallen, 7/27/22

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】カイル・オライリーが首の固定手術後の苦悩を語る。「たくさんのストレス、怒りと混乱」
2021年にAEWへ移籍したカイル・オライリー。 ROH時代から活動を共にするアダム・コール&ボビー・フィッシュとAEWでも団結して活動していましたが、彼らにとって2022年はいい年にはなりませんでした。 コールは深刻な...
【AEW】MJFはWWEの売却候補先企業が大好き。「どれだけ愛しているかを十分に伝えられていない」
AEW世界王座チャンピオンのMJFは、彼とAEWの契約が満了する2024年にAEWとWWEの間で「入札戦争」が起こることを望んでいます。 可能な限り高額で、いい契約を得ることが彼の目標。AEWでの彼の活躍ぶりは、かつて彼を振っ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました