スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリーがGCWへ久々の参戦。ジョシュ・バーネット主催大会「Bloodsport」で激闘に挑む!

ニュース

2020年10月を最後にGCWへの参戦がストップしていたジョン・モクスリー。

2020年の WWE退団以降、彼はAEWを軸にGCWにも積極的に参戦し、GCW世界王座を獲得する活躍を見せました。

しかし、2022年10月に彼がAEWとの再契約に合意したことを受け、GCWへの参戦が一時的にストップすることに。彼自身の考えはともかく、AEWは「モクスリーにはGCWへの参戦を控えてほしい」という考えがあったようです。激しい戦いで負傷し、自分たちのクリエイティブに影響するような事態を招くのは避けたかったのでしょう。

AEWとの新契約、王座陥落…ジョン・モクスリーはしばらくGCWから離脱すると報じられる
先日、AEWはジョン・モクスリーとの5年の契約延長を発表しました。 彼はこれからもAEWと提携している外国の団体(新日本プロレスなど)に参戦できるという条件を勝ち取りまし...

そんなモクスリーもようやくGCWへ帰ってくることができました。今日、GCWは3月開催のジョシュ・バーネット主催大会「Bloodsport」にモクスリーが参戦することを発表したのです。

この大会では、飯伏幸太がマイク・ベイリーと戦うことがすでに発表されています。日本のファンからの注目度もかなり高い大会になりそうですね。




あわせて読みたい

【AEW】アダム・コールが2022年に2度の脳震盪に苦しんだことを明かす。「まだプロレスは辞めたくない…怖かった」
アダム・コールの2022年は災難まみれでした。 AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」の試合中に深刻な脳震盪を起こした後で長期離脱に入り、一時は「現...
【AEW】クリス・ジェリコがブライアン・ケイジの成長を語る。「ここ半年の彼は最高。俺なら絶対に契約する」
AEWとブライアン・ケイジの契約はここ数週間のうちに満了すると見られています。 インパクト・レスリングを退団してAEWに移籍した後の彼の活動が順風満帆だったとは決して言えませ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました