スポンサーリンク

AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」第二弾は6月開催か?

ニュース

2022年5月に開催され、世界中のファンから高い評価を得たAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。

ウィル・オスプレイとオレンジ・キャシディによる名勝負や、ジョン・モクスリーと棚橋弘至によるAEW世界王座戦など、カードは見どころ十分。怪我などの理由で実現しなかったマッチアップもありましたが、試合内容はとても充実していました。

両団体のファンだけではなく、AEWトニー・カーン社長や新日本大張社長も第二弾の開催を望んでいましたが、具体的な開催日時などは不明の状態でした。しかし、ちょっと興味深い情報が。

Spectrum Cable TVが公開している格闘技の大規模イベントの開催情報ページに、Forbidden Doorが6月24日に開催される、と掲載されているようです。公式発表はありませんが、もしかしたら仮押さえした日程なのかもしれません。

このページに掲載されているということは、第二弾もアメリカ開催なのでしょうね。第一弾はAEW色が非常に強い大会でしたが、今回も同様のスタイルになるのでしょうか?

あわせて読みたい

【海外の反応】ジェイ・ホワイトの新日本プロレス「追放」とWWE移籍の噂…海外ファンはどう考えているのか?
2023年、ジェイ・ホワイトの去就にこれほど注目が集まったことはなかったかもしれません。 ヒクレオとの敗者「日本」追放マッチ、そしてエディ・キングストンとの敗者「新日本」追放マッチ...
【WWE】団体売却の噂によりバックステージの士気が低下。ビンス・マクマホン引退後の上昇気流が失われつつある?
2022年7月にビンス・マクマホンが引退し、HHHやステファニー・マクマホンが彼の役割を引き継いだ後、バックステージの士気は大幅に向上しました。 ビンス体制のクリエイティブは不安定...
タイトルとURLをコピーしました