スポンサーリンク

【WWE】オースチン・セオリーがビンス・マクマホンとHHHの違いを語る。「HHHとの仕事は初めてじゃない」

インタビュー

ビンス・マクマホンによってスター性を見いだされ、プッシュを受けたオースチン・セオリー。

彼がビンスのお気に入りであることは誰の目にも明らかで、ビンスの下でビッグスターとして成長していくことが期待されていました。しかし、2022年7月にビンスは引退。クリエイティブはHHHによって引き継がれることになりました。

団体売却を目的にWWEへ復帰したビンスは、(レッスルマニア39でのブロック・レスナー VS オモス戦を猛プッシュしたとはいえ)現場には復帰しておらず、セオリーの起用方針にどの程度の影響力を持っているかは分かりません。

ネット上では、ビンスとHHHによるセオリーへの扱いの違いが話題になることも。Sportskeedaによるインタビューの中でこの件について質問されたセオリーは、次のように答えました。

まあねえ、ネットではよく話題になってるよね。みんな知ってると思うけどさ。Money In The Bankのブリーフケースを失った時は、俺のキャリアは終わったと思われたりして…オースチン・セオリーは25歳の若者なのに。全部終わりだ、みたいな。「ミスター・マクマホンと働くのはどんな感じ?HHHと働くのは?どっちのほうが君にとって良い?悪い?」って、そんな話がいつもある。

いやぁ、最高だよ。ミスター・マクマホンとの仕事はワイルドで、予期せぬことが起こるものだった。何が起こるか分からないのがビンスだよ。HHHの場合は、将来のことが少しだけわかるようになった。でも、クリエイティビティの面では、2人とも素晴らしいよ。

HHHと一緒に仕事をするのは今回が初めてじゃないしね。NXTでは、彼は俺の成長を理解してくれて、そのおかげでWWEへ入団することができた。お互いに仕事のやり方は分かってる。メインロースターに昇格して、ミスター・マクマホンと働くようになると、こちらも素晴らしかった。セルフィーをやったり、Money In The Bankに勝ったりね。今はHHHと一緒に進むべき方向に歩んでいるし、行き先はみんなわかってる。

WrestlingNews

あわせて読みたい

【AEW】エディ・キングストンが来日を希望。「新日本プロレスとノアで、棚橋弘至、オカダ・カズチカ、潮崎豪と闘いたい」
「 AEWを辞める」発言の後、ROHへ登場してROH世界王座チャンピオンのクラウディオ・カスタニョーリに立ち向かったエディ・キングストン。 彼は日本のプロレスに大きなリスペクトを捧げており、四天王プロレスからは特に大きな影響を...
デイビーボーイ・スミス・ジュニアがWWE復帰の可能性を語る。「中身よりも金だ」
2021年7月、デイビーボーイ・スミス・ジュニアは久々にWWEへ復帰しました。 2020年にWWEの映像コンテンツへ何度か出演し、父デイビーボーイ・スミスがWWE殿堂入りを果たし…。彼がWWEのリングへ舞い戻る土壌はしっかりと...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました