スポンサーリンク

ジョン・モクスリーがジョシュ・バーネットのプロデュース興行に出演決定。すごいケンカマッチが見られそう

ニュース

AEWとフルタイム契約を結んでいるジョン・モクスリーは、現在新日本プロレスのG1 CLIMAXに参戦しています。後楽園ホールでの石井智宏とのマッチ・オブ・ザ・イヤー級の試合も話題になりました。

モクスリーの勢いはとどまるところを知らない!インディ界をかき回すスーパースターは、9月14日にGCWで開催されるジョシュ・バーネットのプロデュース興行” Bloodsport 2″に出場することが発表されました。

対戦相手はプロデューサーのジョシュ・バーネット。メインイベントで試合が実現する模様です。

“Bloodsport”は、もともとマット・リドルのプロデュース興行としてスタートしたシリーズです。第1回となった2018年はメインイベントでリドルと鈴木みのるがノーロープマッチを行いました。リドルのWWE移籍に伴ってプロデューサーがジョシュ・バーネットに変更された第2回は2019年4月のレッスルマニア・ウィークエンド中に開催され、バーネットとみのるのケンカマッチが世界中のプロレスファンを興奮させました。

そう、過去2回の興行では、いずれも鈴木みのるがメインイベンターを務めているのです。みのるは以前からモクスリーとの試合を熱望しており、多くのプロレスファンが試合の実現を望んでいます。9月の興行にもみのるが参戦するかどうかはわかりませんが、もし参加するようなことになれば、2人の間に抗争の火種が生じる可能性もあります。

もちろん、バーネットとの試合も楽しみです。でも、GCWへの参戦がこれだけで終わってほしくないですね。

あわせて読みたい

WWEのMSG大会、チケット売れ行き不調。新日本プロレスとの格の違いを示すことはできず
9月9日と10日、WWEは約10年ぶりにマジソン・スクエア・ガーデンでテレビ収録、RAWとSmackDownを開催します。 4月に新日本プロレスとROHがMSGで"G1 SUPERCARD"という歴史的興行を行いました。チケッ...
AEWのウィークリー番組開始に対するWWEの「対処方法」。WWEはどうやって勝つのか?
新団体AEWは、かつてWCWを放送していたテレビ局TNTと契約を結びました。同局で10月からウィークリー番組が始まることが予想されています。放送曜日は火曜日か水曜日のどちらか。ただ、火曜日はTNTがNBCを放送するため、これを避けて水曜日に...
ジョン・モクスリーが「WWEでの中邑真輔」について語る / 中邑に感謝するセス・ロリンズ
WWEの中邑真輔。2019年は苦しい時期が続いていましたが、新日本プロレス時代からの親交があるフィン・ベイラー(プリンス・デヴィット)が持つWWEインターコンチネンタル王座に挑戦することになりそうです。この抗争で結果を残せば、メインイベンタ...
タイトルとURLをコピーしました