スポンサーリンク

【新日本プロレス】バッドラック・ファレがBullet Club新リーダーデビッド・フィンレーを語る。「みんなと違うことをして注目の的になった」

インタビュー

プロレス界において最も重要なユニットの1つである新日本プロレスのBullet Clubは、定期的にリーダーが代替わりするという特徴があります。

プリンス・デヴィット(フィン・ベイラー)、AJスタイルズ、ケニー・オメガ、ジェイ・ホワイトら歴代のリーダーたちは既にユニットを去り、アメリカの団体へ移籍しました。5代目リーダーとなったデビッド・フィンレーは、結成当初からのメンバーであるバッドラック・ファレを含む多彩なメンバーたちを率い、時には非情な手段をを取って自らのリーダーシップをアピールしています。

そんな彼について、最古参のファレはどう考えているのでしょうか?Podcast番組に出演した彼は、自身のBullet Clubでの立ち位置とフィンレーについて、ジョークを交えて次のように語りました。

俺が彼を支持する理由はここにあるんだ。俺がBullet Clubの中でどういうヤツなのかなんて、だれも知らないだろ?それは、俺が自分のレーンに忠実だからだよ。それで給料がもらえる。自分のレーンの外に出なければ、高額収入を得られるんだよ。他人のレーンに飛び込むとキャリアは長続きしない。だから彼のことが好きなんだ。あいつのレーンは「リーダーであること」。俺の場合は、一歩身を引いて金をもらうことだ。

彼のすごいと思うところは、他の人と違う、ということ。俺だって、「あいつは何をやっているんだ?」と思ったものだよ。でも、考えを改めた。あいつは人と違うことをやっている。だからこそ、みんな彼の話をしているんだ。そうだろ?あいつが今後どうなっていくのか、楽しみだよな。今のままで2〜3年も俺たちを率いたら、あいつはどうなるんだろうな。

(Fightful)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ケニー・オメガがオカダ・カズチカを語る。「たまには同志になるのも良いものだ。タッグを組んで楽しかった」
2023年1月5日に開催された新日本プロレス「New Year Dash」で、現在のプロレス界の成立に欠かせない2人のレスラーがタッグを組みました。 メインイベントでドリームタッグ...
【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がうつ病との戦いを語る。「誰かに話す勇気を持つことは、あなたのスーパーパワー」
屈強な肉体の持ち主でも、心の問題が顕在化してしまえば、それとの戦いは過酷です。 元WWEスーパースターで、現在は大人気俳優としてハリウッドで活躍するドウェイン・ジョンソン(ザ・ロッ...
タイトルとURLをコピーしました